mononcle

犬ヶ島のmononcleのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
3.5
このアート色は《アメリ》と共通の匂いを感じる。
ジブリにはないアート性。一部のアート好きにはたまらないのだろうが、一般の方からすると、置いてけぼりを食らってしまったような印象なのでは。しかも《アメリ》は、ロマンチック・コメディであったからこそ女子の胸にも届き大ヒットにつながった。この作品に色っぽい要素はない。だが、ウェス・アンダーソン作となると、この作品を評価できないようではオクレテイルという世情心理からヒットしてしまう構造が、予測できるのだろうが、いかがなものだろうか?

大衆と流行の心理構造を読むには、もってこいの作品だろう。