まるの

犬ヶ島のまるののレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.0
最近、宝塚にハマってそちらを鑑賞していたので映画記録が疎かになっていましたが、ちょこちょこ観てます。先日犬ヶ島の試写会に行ってきました。

映画館で不可抗力で予告を観てしまう以外ではあえて自分から予告を観らずに映画を観に行くタイプなんですが、犬ヶ島もそうでした。うん、予告観なくて良かった。
ポスターの不穏な空気感とアンダーソン世界を十分に楽しめました。
外国の方から見た日本文化ってなんて素敵なんだろうと思いますね。

アンダーソン監督ならではの先が読めないストーリー展開で前のめりになりながら楽しめました。もう、犬が愛くるしくて仕方がない。
キャラもストーリーも映像もカメラワークも、さらに豪華すぎる声で特に指摘することはないのですが、もし一つだけ言っていいのなら、日本語の台詞も日本語字幕が欲しい(笑)
日本人なのに、日本語の台詞がききとれないってどういうことだ?!と自嘲してましたが、同行者も同じだったらしいのである意味正解なのかもしれません
前後のやりとりで文脈も読み取れるし、アンダーソン世界なのでそこまで神経質にならずに最後まで観れましたけどね。

途中の謎展開も、何度も観たら理解できるのかもしれないけれど、初見で感じたままでいるのもそれはそれでオシャレな鑑賞の仕方かもしれないと思うような映画でした。