うえ

犬ヶ島のうえのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.4
字幕版で鑑賞。


ずっと観たかった『レディプレイヤー1』でもなく『インフィニティウォー』でもなく、あえてこの作品を選んだ自分に「よくやった!」と言ってあげたい気分です 笑
(選んだ理由は上映時間の都合でもありましたが)
言わずもがな、他の作品も素晴らしいのだろうと思うし観てみたいけれど、今作品を劇場で鑑賞できて良かったという意味で。

一言で感想を表すなら「こんな映画観たことない!!」です。
ストーリーもなんですけど、特に映像に関してそう感じました。
最初は少し違和感があってなんだか慣れないなあと思っていましたが、途中からはリアルと作り物の狭間を描いているすごく自由な表現のように感じられました。
それがあくまでフィクションだが現実に起こり得ない訳ではないことを表しているのかもしれないなとも。

犬好きだからこその高評価という部分が確かにあるかもしれませんが、この映画には大切なことがたくさん詰まっている、そしてそれを前面に押し出してはいないように感じました。
何が真実かなんてその目で確かめるまではわからないし、プロパガンダに惑わされず自分の正しさを持って生きていきたいなと。
有名なある本のある動物の言葉を借りるなら「いちばんたいせつなことは目に見えない」ですかね。

声優陣がとても豪華で耳も幸せになれる今作品ですが、やっぱり印象的だったのはスカーレットヨハンソンです。
クール&クレバーなイメージがとても強い彼女ですが声だけでもそれがすごく感じられました!
「それは過去の出来事として事実だけれど、私の選択でも本質でもないわ」みたいなセリフがめちゃめちゃかっこよかったです、痺れました。
それを聞くためにも、あと映画のシステム的にも(観ればわかる)是非字幕版での鑑賞をおすすめします!