いわなみ

犬ヶ島のいわなみのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.5
喧嘩の砂煙とか壁に突っ込んで空いた穴のシルエットなどいかにも漫画的と言える表現や、普通に2Dのアニメで表現している部分もあり、3Dストップモーションアニメと言いつつも、二次元的表現を随所に使ってて、見ていて飽きない、疲れない映画だった
KUBO程の精巧さはないストップモーションだと思ったけど、その「嘘」っぽさが物語とか日本という舞台の描き方という全体のバランスと丁度よく馴染んでると感じた

とにかく手数の多さ、引出しの多さには感服

「日本」というものを海外の人が表現した時に感じるキッチュさを批判的に捉える意見をみかけるけど、そんな事に目くじら立てたって意味がない
間違ってるというだけで斬り捨てるんじゃなく、外の人が表現した日本「らしさ」から新しく気付く「らしさ」だってあるかもしれないし、外から見たからこそ面白い映画が作れるかもしれない
現に、この映画はこんなにも面白い