きょんきょん

犬ヶ島のきょんきょんのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
5.0
アメリカの監督による、日本を舞台にしたストップモーションアニメ。
海外で再構築される日本っていつも変だけど(好きだけど)、この作品もすこし可笑しいけど不思議と本来の日本に近い気がした。
和太鼓やら街並みやら服装やら俳句やら、変にアレンジされてないし、和楽器の演奏の圧巻といったら。(俳句の良し悪しは分からないし、服装とかやたら古いけどね…笑)
それだけ丁寧に"リスペクト"され、作られたんだなと感激。

犬たちがとにかく可愛くて、特にチーフのツンデレっぷりにキュンとしちゃう。
あとケンカシーンがもこもこするのが可愛い。笑

多くの人は大きく見えるものの前に疑問を抱かず流されてしまうけど、生身で行動する者の説得力には当然、ウソや悪意を飛び超えてほしいよね。

そういう普遍的なテーマをアニメーションは真っ直ぐに伝えてくれるから好き!


強いて言うなら未来感が足りなかったけど、そんなの全然マイナスにならなかったな。

吹き替え、字幕、両方観ました。
個人的に吹替がオススメです。