ワッシャー

犬ヶ島のワッシャーのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.6
大袈裟に言うと5秒で惹きつけられた。笑
あ、これから面白いもの見せてくれるぞ。っていう期待感と高揚感
正直高い評価をするのに自分が日本人であることは多大に影響があると思う。
ただそれを差し引いてもこの作品が素晴らしいものであることには変わりない

カット割りで写真集出して欲しいぐらいに魅せ方が上手くて、繊細で美しい。

ずーっとアタリの喋り方が気になってて、無機質というか感情の無い声だなと
でも響くところがあって。
言葉って凄い大切だなって思いました
言葉が人間を作ると
こんなこと監督の意図した所では全然ないだろうけど、勝手にそう感じた