NUZOO

犬ヶ島のNUZOOのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
3.8
バイリンガルな作りも手伝って、今まで以上の情報量が迫ってくる。疲れる!

最初から最後まで気になったのは日本語の演技の奇妙さよ…妙にネイティブっぽくない喋り方で、映画全体の不思議なジャポニズム美術にはマッチしていたような、過剰なような。

あの美術も、国内からは出てこないような派手なテイストや色合いではあるものの、アニメーションだからかわりと引っかかることなく楽しめた。
草むらに唐突に現れる枯山水とか、笑えるけど意外にマッチしてる。

キャラクターも日本の有名人からサンプリングされててそれを探すのは楽しそう。三船敏郎、オノ・ヨーコ(名前も声もまんまだけど)の他にも、ニュースキャスターは仲代達矢らしいし、あの麿赤兒風のキャラクターとか、藤田嗣治モデルのハッカーくんとか(KOHHかと思った)、けっこうありそう。

こんな感じで細部に目を取られるので疲れる。

全体的なストーリーは、場面転換が多くてややこしい割には軸を見失わずにいられて、わかりやすい勧善懲悪の物語だからだと思う。
しかも今までになく社会的なメッセージ。
はぐれ者の物語という点では今までのウェス・アンダーソン感もあるけど。

帝国主義の残り香、人々の分断、排他的な空気など、今の日本(と世界)とかなりリンクする。
『第9地区』ではエイリアンが移民の比喩だったが、この映画では犬がそれに対応している。あと『犬ヶ島』って邦題は、桃太郎の話の鬼への理不尽さを逆手にとっていて上手いと思った。

ひとつ思い返してみて思うのは、
観客には全ての言葉が聞こえているけど、犬と人とは言葉が通じていない、というのがもっとわかりやすく見えた方がいい場面があったような気もする。