ひたぎん

犬ヶ島のひたぎんのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.7
ウェスアンダーソンの日本愛が爆発している今回作。

みんなに観て欲しいのは、クレイアニメの細部まで作り込まれているところで、鑑賞中は全くそのことが気にならないくらいにそれこそ2.5次元の世界が創られていると感じました。

内容もウェスアンダーソンお得意のシュールで可愛くて、作品の意味をきちんと理解してないけどとりあえず可愛い絵本を読んでいる気分にさせてくれる映画でした。
日本人が観ると、わりと「なんじゃこりゃ!」ってツッコミ入れたいところは満載なんだけど、そこには悪意とか一欠片もなくて、ただただ愛が溢れてる、日本文化へのアガペー的な何かを受け取りました。

犬のキャラに一匹でいいから柴犬がいてくれればなと思ったけど、別に好みの問題だよね。