aya

犬ヶ島のayaのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.2
『手元に置いておきたいウェス・アンダーソンシリーズ』にまたひとつ作品が増えてしまった…

でもね私は複雑な気分。

商業映画とは、売る側は客の「的」を絞るけれど、買う側には「前提」などなくて、それで対等なのだと思っていたんだけど…
この映画はなんか愛が重すぎて…「日本で日本人として日本語と日本文化の中で生きてきた」という背景ではどういう気持ちで観たら良いのかわからなくて序盤は集中できなかった。
その前提でないとこの感情は湧かないわけなんだけれども、それが作品の意図とにどれくらい組み込まれているのか知りたい…

舞台はリアルな日本では全くないんだけれど、絶妙なジャポニズムと所々に日本文化の正確な表現があって、そこにさらに日本の文化人を起用していることでも明らかなんだけど『絶 対 に 狙 い 撃 ち』なのよ…もう怖いよウェス監督、あなたの緻密なセンスに魅了された私は確かにその国の者ですけれど、そんなにトリビュートされると困惑するのよ…

とはいえ映画作品としてやっぱり、そしてハッキリと監督の存在感を楽しめるものになってました。
ベースがグレーと黒。絶望という自由。
ウェス監督独特の『愛の黄色』は暖かさとか善意、希望を表してたな。
少年が主人公だからか、ポップなカラーリングが時々あって、素敵だった。「日本」と「権力」を出すときは赤!ビビッドな赤!でした。お風呂の電話可愛かったな。

相変わらず、小物やちょっとしたカットにも膨大な情報量があって、そこに日本語、英語、字幕、訳字幕が乗せられるので全然処理が追いつきません(褒めてる)。
素晴らしい美術と撮影だったと思います。
実写と違って「アニメーションは作らないと何も映らない」のが醍醐味、それをわかっていらっしゃるというか…「ならば好きなだけやってもいいよな?」という…いやほんとに、そこが好きなところなのです。

好きだったところはまだあります。
ウェス監督が撮るロマンスのくだりに、またひとつ好きなシーンが加わった。台詞も表情もグッとくる。スカーレットヨハンソン、『Her』でも思ったけどやっぱりええ声。

相変わらず愛に溢れているし、鍵となるキャラクターはみんな独特で不器用だし、文字や言葉の入れ方、サウンドもユーモアもやっぱりウェス・アンダーソンだったし、まだまだこれからもあなたの作品に期待していますよ!という明るい気分になれました。

しかしこれは、これまで作品の中で痛めつけてきた犬達へのアンサーなのかしらと思ったり…