Terasan

犬ヶ島のTerasanのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.5
ウェス・アンダーソン監督のストップ・モーション・アニメの第2作。

猫派の権力者の陰謀による犬インフルエンザ(ドッグ病)のためゴミの島に隔離された犬たち。

愛犬を探しに単身島に乗り込んだアタリ少年と犬たちの冒険と友情…と書けば聞こえは良いが、意図的にずらした日本観が感情移入する手前でそれを阻止してくれるので、居心地が良いのか悪いのか、クセになるジャパネスク(笑)。

とにかく参考にしている(監督が好きな)日本のポップカルチャーが古いので、未来の日本とされてはいるが、レトロフューチャーな世界観が良いおとぎ話感をもたらしている。メガロポリスな「メガ崎市」に日系何世だよ、といった日本語イントネーション。完全に確信犯(笑)。

個人的には「レディ・プレイヤー1」よりこっちのヲタク世界のほうが好み。少なくとも今年のアニメーション作品では今のところイチバンかな。

字幕の挿入や画面比率の点からも、その情報量の多さから吹替版で楽しむことをおすすめする。(字幕版のオリジナルキャストもすごいらしいけど(^_^;))