moni

犬ヶ島のmoniのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.0
試写会で二回と公開してから劇場で改めて観ましたが、ウェス・アンダーソン監督からのラブレターの様なこの作品が大好きで堪りません。

この監督ならではの会話のテンポやシュールな笑いはそのままに、人間が喋る言葉は日本語(翻訳は英語だけど)、犬が喋る言葉は英語という設定もとても面白かった。
また、犬がボロボロ泣くという設定もおもしろかったです。
昔飼っていた犬の事を思い出してこちらもほぼ泣いてました。

「レディ・プレイヤー1」もそうだけど、日本をリスペクトしてくれる作品を立て続けに観ることができてとても嬉しい。

文字がたくさん出てくるので「犬ヶ島」の細部まで楽しみたいという方、目の悪い方は後方には少し気をつけましょう。
「犬ヶ島」Tシャツとかあったら欲しい。