greatman

犬ヶ島のgreatmanのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.2
一言で言うと「反撃の口笛」
[あらすじ]
近未来の日本で、伝染病の犬インフルエンザが大流行し、犬たちは「犬ヶ島」に隔離される。12歳の少年アタリは、捕らわれた愛犬スポッツを捜すため、メガ崎市からたった一人で小型飛行機を操縦し犬ヶ島へと降り立つ。島で出会った5匹の犬とアタリは、心の距離を少しずつ縮めていき...。

”外国から見た日本”という違和感を見事にも払拭してくれたであろう今作。しかもストップモーションアニメで。
いやはや凄かったです😮
ウェス・アンダーソン作品は『グランドブダペストホテル』しか観たことないんで、あんまり監督特有のクセっていうのが分かりませんが(^_^;)...それでも世界観が凄く特徴的で、とにかくセットの緻密さにもう驚きです( •̀ㅁ•́;)
今作を観る前にyoutubeでメイキング動画を見たんですけど、たった100分の映画の為にあんな気の遠くなるような作業をしたなんて...こりゃ低評価する理由がないでしょ(; ・`д・´)
特に寿司屋での調理シーンと相撲シーンが個人的に好き😚
ただ、ちょっとした文句ですけど...日本語が分かり辛い😥
特にアタリくんとメイジャードウモの日本語がすっごく聞きづらかったです😓
あとそれに所々日本語が英訳されたテロップが出て来るけど、メッチャ文字小っちゃすぎてパッと見わかんなかったのが残念😓
そこさえ改善してくれればもう文句無しの5.0でした!
まぁこの世界観について来れるか来れないかが分かれそうな作品ですけど、個人的にはかなりどハマリしました!!(≧▽≦)
次からは吹替版でじっくり観返したいです😅www
日本への愛のリスペクトがひしひしと伝わってきた映画でした!