さと

犬ヶ島のさとのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.1
映画を観ているというよりは、現代アートの展覧会を訪れたときと同じ不思議な高揚感をずっと感じていました。

ウェス監督作品は他に2作品しか観ていないのであまり詳しくないのですが、貫かれている共通の手法(横スクロール的カメラワーク、シンメトリー、やや平坦な台詞まわし等々)、隅々まで行き届いたデザイン、構図の美しさ、キュートさがたまらなく愛しくてときめきを感じてしまいます。

監督独特の世界観を現実の作品として制作し、世界に発表し続けていることの凄さに感動しました。

犬を飼っている私にとっては切なくなるシーンも多々あり犬の飼い主への愛情や献身を感じているのでアタリ君の気持ちがよくわかる…。

しかし、私が日本人であるが故に画面上の情報量が多すぎて字幕1回観ただけでは満足できないので、DVDが出たら一時停止しながら隅々まで観たいです!