MoyuruAizawa

犬ヶ島のMoyuruAizawaのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
3.8
この異様にこだわり抜いたストップモーションアニメ
特に感心したのがアタリトリビュートの劇中劇と手術シーン。

日本人は基本日本語をしゃべってる。ちゃんとしゃべってる。みんなちゃんとしゃべってる。アタリだけなぜか下手…もったいない。

たいした話じゃないんだけど、なぜだか面白い。ウェスアンダーソンの考えた世界観がの魅力ゆえか。
恐らくこれがCGアニメーションや実写だったら半減していたかも。

反小林の運動に立ち上がる最初の一人が留学生の白人なのは少し複雑ですね。
これはWhitewashingな気もするけど、登場時に彼女は「ズケズケとものを言うからみんな(日本人)との間に摩擦が生じる」みたいなことを言っていて。まあそれはそれで日本人へのStereotypingな気もするけど、概ねその通り日本人はあまりものを言わないので最初に立ち上がったのが彼女でも納得できはするかな。