ラチェットラクーン

犬ヶ島のラチェットラクーンのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
3.7
日本を舞台としたストップモーションアニメーション作品。

アニメーションは素晴らしい。人形っぽさと作り物っぽすぎない良いバランスのビジュアルで、犬の毛並みとかが物凄いリアルでした。

コメディは面白かったし、ちょっと顔を見せてくるダークな要素も良いアクセントでした。

シンメトリーな映し方は、やっぱり観ててお洒落です。
ストーリーも結構良かったし、アニメーションは子供向けっぽいけど大人でも楽しめるブラックで良いエンタメ映画でした。

日本語の発音は結構微妙でした。日本人キャストとかも起用してたのにあんまり良くなかったなって印象。

あと、何回か観ないとキャラの区別がつきづらかった。

これがウェス・アンダーソンの入門作だったのでこんな感じか〜。っていう感じでした。