犬ヶ島の作品情報・感想・評価

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:101分

4.0

あらすじ

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

和太鼓の音が気持ちいい。


ストップモーション・アニメーションの作りが緻密でとにかくすごい。
特に犬の目の動きは、気持ちがわかるよくできた動き。
てか、スポッツがカッコよすぎるだろうが。


W・アンダーソンらしい展開の仕方。
使われてるフォントがさすがセンスでシビれる。
ところどころコミカルさがあるけど、どこまでをギャグと受け取っていいのかわからなかった笑

日本人の抑揚のない感じ…違和感なくもないけど、ああしたくなるのもよくわかる
aniss

anissの感想・評価

-
キレキレですな。
ストーリーや感情をパッケージングするのが逸脱で、相変わらず洒落てました
saku666ra

saku666raの感想・評価

4.0
超絶な日本愛を感じた、ウレシイ。
犬とシュールな笑いが好きなら絶対好き。

もっかい見直したいくらい
緻密で美しいアニメーションだったし、
話もなるほどね〜という感じ。
okyk

okykの感想・評価

4.5
なにこれ
私、好きだわ
このシュールな世界観、たまらない
犬たちは可愛いくてかっこいいし
人間たちの無表情な感じもいい
チーフとアタリの関係が変わってく過程が、ありがちだけど好みだし
チーフとスポッツが実は・・・ってのもいいよね
ただまぁ、英語で話してる部分と日本語になる部分で、頭と耳の切り替えが忙しいけど笑
ストーリーはともかく、こういう感じのやつ、また見たい
nk

nkの感想・評価

3.6
初めての世界観…!
音楽も画も文字も全てセンスの塊すぎて、映画というより「映像作品」な感じがしました。
NHKの作品にありそう、、褒めてます、、すっごい真面目で道徳的なんだけど独特のセンスと人とは一線外れた執念が溢れてる作品でした。

日本を題材にした海外作品で、ストップモーションという点では「クボ」を思い出しました。が、観てみたら全然違う、初っ端から違いすぎて謎に焦った。どちらが良いとかでは無く、根本から違う。
映画監督や脚本作家が作った作品ではなく、アーティストが自主制作した作品のような印象を受けました。実際にそういう作品は見たことないので、あくまでイメージとして(._.) 自分の作りたいものをただ表現していて、万人ウケ求めていないというか。

映画として2時間程度見る分には、私はそんなに好みではなかったです。単純にストーリーがそんなにハマらなくて、長く感じてしまいました。
ですが、アート作品という括りで捉えるとものすっ ごいと思います。凄いしか言えなくて困る、、

圧倒的な世界観すぎて日本が題材とかどうでもよくなってくる。日本ではなくて、この人が作り上げた全く新しい世界だと思います。
あの三人衆の音楽が凄く好みでした!
全体の雰囲気がやっぱり好きだし海外から見た日本の感じも面白くて素敵だった。話のテンポが早くてあっという間に観終わりました。全部好き!!!!
独特のシュールな世界観が良かった。
外国人から見た日本人ていうのはやっぱり変わってるんだろうね。
すばらしいストップモーション!
ナイトメアやコープスがトルンカの人形の進化の先だとしたら、このアニメーションの人形はオブライエンの人形の進化の先と言ったところか。
表現として典型的なアニメ、漫画的表現(ケンカ煙とか)が随所にある。
それをパペットでわざわざやるのかというところにも感嘆。
こういうアニメ的表現をわざと使っているところも、クロサワを至るところに取り入れているのも、すごく過去の作品へのリスペクトを感じさせる。
わざと日本語と英語ごちゃ混ぜの感じも
面白い。

オノ・ヨーコ(本人)っていうのも個人的にツボ。
独特
設定が面白い
美しくて温かい
>|