犬ヶ島の作品情報・感想・評価

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

4.0

あらすじ

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと…

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

日本に対するリスペクトが感じられます。
日本語と英語で話すキャストが、それぞれいます。
舞台になる場所のセット(桜の花びら1枚1枚まで)非常に細かいです。
セットの展示も有りましたが、日本語で細かく書かれています。
失敗したのは、スクリーンから離れた方が目には疲れないかも?
「七人の侍」のテーマ曲が流れたりしますが、太鼓を中心としたでした。
70cl

70clの感想・評価

3.2
面白かったし、世界観はカッコよかったけど、所々腑に落ちない部分がきになってしまった。ラストの方もうちょっと見たかったな。。。
日本語の部分が、字幕なくてなんて言ってるか分からなかった。
駆け込みで映画館へ観に行った

ストップモーションの概念が
これ全部パペットなの嘘でしょってなった

近未来的だけど古風な雰囲気もあってすごく好きな世界観

ワンダフル
かっこいい。
いつぞやのノイタミナに似た空気感。
日本人キャストが多く使われているのは嬉しいところですが、
覚えている限りでは犬は英語しか話してなかったですよね。
日本語とか他の言語が混ざってると良かったなぁと思います。
細かいことを言うと、お寿司のネタの上にわさびがスーッと塗られてるのもちょっと残念。香りが飛びますがな。

画面の情報量が多かったので、これ字幕だとどうなってんのかな?と思いました。
ナツメグが出て来た瞬間、「あっこれ絶対スカヨハ」って分かるのが流石。
orange

orangeの感想・評価

4.0
面白かったー。堪能いたしました。
アニメーション(特に人形もの)好きだし犬好きだしそれで日本舞台だしやるのがウェスアンダーソンでしょ、いろいろ詰まってます。
90年代くらいまではあった海外の変テコ日本描写を、今や、わかってやってるんですよ。確信的に。おおって思った。これと、この監督のもつ可笑しみと、ストップモーションアニメと、なんて相性が良いんだろう。
ストーリー自体は単純で、最後まで同じトーンで続く感じがややダレますが、そのへんは監督の持ち味で合う合わないの話なのでまあ。
きのこ

きのこの感想・評価

3.9
2018117
ウェスアンダーソンって何者やねんなにこの映画。凄い。凄すぎる。
日本が舞台となっていてまあそれは忠実に日本の有り様が再現されていて。わざわざ手間をかけて作られたストップモーションアニメならではの雰囲気、味が出ていて。何から何までこの人凄いって感じさせられた。
なんで日本ではこういう作品なかったんだろう!邦画に対する嫌味とかじゃなくて純粋な疑問!!
飛行機の中で吹き替えで観てしまったから、もう一度字幕で観て、聞き取りづらい日本語を味わいたいと思います〜〜
chikappo

chikappoの感想・評価

4.0
相変わらずセンスが爆発してる。ウェスアンダーソンの感覚ってどうなってるんや…!

ストーリーはちょいと退屈。

六本木ヒルズではセットも展示されていて、その作り込みのすごさに感動した。
>|