犬ヶ島の作品情報・感想・評価

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

4.0

あらすじ

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと…

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

日本に対するリスペクトが感じられます。
日本語と英語で話すキャストが、それぞれいます。
舞台になる場所のセット(桜の花びら1枚1枚まで)非常に細かいです。
セットの展示も有りましたが、日本語で細かく書かれています。
失敗したのは、スクリーンから離れた方が目には疲れないかも?
「七人の侍」のテーマ曲が流れたりしますが、太鼓を中心としたでした。
日本好きな外国人がめっちゃハマりそうな映画。
独特な世界観、音楽、そして何より超豪華声優陣。アタリ君のたどたどしい日本語が妙にクセになって、声優誰?ってなって思わずググりました。コーユー・ランキンってゆうバイリンガルの男の子らしいです。
あとオノ・ヨーコをまさかの本物オノ・ヨーコが声するとは。笑
LUKEN

LUKENの感想・評価

3.9
犬×日本×ストップモーションアニメ

独特な世界観でウェスアンダーソン節炸裂!

人形も精密で全てが新鮮でした!

そして日本愛?がすごい!
ちょこちょこそうじゃないんだけどなwって思いつつ観てて微笑ましかったです笑

犬のチーフにグッときました。。
ユキミ

ユキミの感想・評価

2.9
なんだろう、家で見たからか途中で飽きてしまった…
なんとなく借りてなんとなく観ようと思ってた作品

冒頭で異色な映像に心を鷲掴み

小さなDVDプレーヤーでみようとして15分みたところでこれはいかんと思い大きなテレビでみることに


ほんとに細かなところ、細部にこだわっていて画面に釘付け

吹き替えも、吹き替えらしくない独特な声と話し方、案外聞き取りずらいところが、またこれ前のめりに

アタリの声と発音?イントネーション、なんかわからないけど、引き込んでいく


犬がらみのこういった作品、悲しくならないか不安になるが、そんな不安全くうちのめされる

ユーモアを交えながらもライトすぎず重すぎず、あっという間の作品

犬たちがキャラクターすぎず毛並みに至るまでリアルで犬らしく可愛い
tom

tomの感想・評価

4.2
メカドッグ🐕
ウェスアンダーソンの映画の中でも苦手なのもわりとあるけど、これはかなり好き。インタビューとか読んだらもう一回観たいなぁ、って思ってる。

私はどんなペットも飼ったこと無いけど、こういう絆みたいなのって、子どもの頃から本当に憧れる。淡々と進むからこそキャラクターの目が潤むところで一緒に涙でそうになった。
機内で鑑賞。
疲れてたのもあるけど、見るのに疲れるアニメーションの動きだったから
後半爆睡。
そのため、評価できず。
でも、また見たいとは思わない。
評価はいいので面白いのだろうか?
hono

honoの感想・評価

3.7
アタリ君と犬。

鳴り続ける太鼓の音。

ウェスアンダーソン目線の日本。

とっても面白かった。

犬も猫も好きでいたい。
Fumi

Fumiの感想・評価

3.5
楽しい。かわいい。日本語と英語の transition の仕方が好きだった!
(でも私は Fantastic Mr. Fox派です)
>|