犬ヶ島の作品情報・感想・評価

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:101分

4.0

あらすじ

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

日本に対するリスペクトが感じられます。
日本語と英語で話すキャストが、それぞれいます。
舞台になる場所のセット(桜の花びら1枚1枚まで)非常に細かいです。
セットの展示も有りましたが、日本語で細かく書かれています。
失敗したのは、スクリーンから離れた方が目には疲れないかも?
「七人の侍」のテーマ曲が流れたりしますが、太鼓を中心としたでした。
ピュー

ピューの感想・評価

3.9
なかなかシュールな。世界観の作り込み方はさすが。
か

かの感想・評価

3.9
チビパグちゃん〜
まろん

まろんの感想・評価

3.8

20年後の日本…。
ウニ県メガ崎市ではドッグ病が蔓延してしまった!

小林市長は人間への感染を考えすべての犬を犬ヶ島に追放することに!

小林市長の養子のリトルパイロット………彼の飼い犬のスポッツも犬ヶ島へと送られていた1人犬ヶ島にスポッツを探しに………

ストップモーションアニメーションと言えばのウェスアンダーソン監督………相変わらずスゴすぎな作品………そして独特の日本の世界観………犬の質感は1周回ってもはや気持ち悪いくらいリアルなストップモーションの出来栄え………☺

そんな犬退治じゃなく犬助けな映画
aniss

anissの感想・評価

-
キレキレですな。
ストーリーや感情をパッケージングするのが逸脱で、相変わらず洒落てました
saku666ra

saku666raの感想・評価

4.0
超絶な日本愛を感じた、ウレシイ。
犬とシュールな笑いが好きなら絶対好き。

もっかい見直したいくらい
緻密で美しいアニメーションだったし、
話もなるほどね〜という感じ。
okyk

okykの感想・評価

4.5
なにこれ
私、好きだわ
このシュールな世界観、たまらない
犬たちは可愛いくてかっこいいし
人間たちの無表情な感じもいい
チーフとアタリの関係が変わってく過程が、ありがちだけど好みだし
チーフとスポッツが実は・・・ってのもいいよね
ただまぁ、英語で話してる部分と日本語になる部分で、頭と耳の切り替えが忙しいけど笑
ストーリーはともかく、こういう感じのやつ、また見たい
nk

nkの感想・評価

3.6
初めての世界観…!
音楽も画も文字も全てセンスの塊すぎて、映画というより「映像作品」な感じがしました。
NHKの作品にありそう、、褒めてます、、すっごい真面目で道徳的なんだけど独特のセンスと人とは一線外れた執念が溢れてる作品でした。

日本を題材にした海外作品で、ストップモーションという点では「クボ」を思い出しました。が、観てみたら全然違う、初っ端から違いすぎて謎に焦った。どちらが良いとかでは無く、根本から違う。
映画監督や脚本作家が作った作品ではなく、アーティストが自主制作した作品のような印象を受けました。実際にそういう作品は見たことないので、あくまでイメージとして(._.) 自分の作りたいものをただ表現していて、万人ウケ求めていないというか。

映画として2時間程度見る分には、私はそんなに好みではなかったです。単純にストーリーがそんなにハマらなくて、長く感じてしまいました。
ですが、アート作品という括りで捉えるとものすっ ごいと思います。凄いしか言えなくて困る、、

圧倒的な世界観すぎて日本が題材とかどうでもよくなってくる。日本ではなくて、この人が作り上げた全く新しい世界だと思います。
あの三人衆の音楽が凄く好みでした!
ロック

ロックの感想・評価

5.0
文句なし。
>|