犬ヶ島の作品情報・感想・評価

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

ウェスアンダーソンのこだわり盛り沢山。こんな小さな人形アニメ人形ものすごい情報量が詰め込まれていて楽しめた。ストーリー展開が早いから必死についていくことになる映画だけど、ウェスアンダーソン好きならハマる。
目に涙をためる表現、
人々がそれぞれ母国語でしゃべる設定、
各人物の立場を表す背景の画を背負ってスピーチする描写がすきだった
あたり役の声優さんかわいい
桃太郎をもじる必要はあったのかな?
tama

tamaの感想・評価

4.5
みたことないテイストでした。良い👏
なんかストーリーも音楽も人形の感じも妙に合ってる日本リスペクトも構図とかも、全部ひっくるめて好きです。が、私の語彙力では逆に評価を落としかねないのでもう何も言えんのです。

これを観て、自分は犬が出てくる映画なら無条件で好きになるんじゃないか、と少し思いました。
Mei

Meiの感想・評価

5.0

なんとも言えないキャラクター達の表情。
犬や男の子が泣くと見ているこっちまで貰い泣きしてしまう。
全体的に空気が暗いかんじなのだが、
どこかシビアなコミカルさといいますか、
ほのぼのしつつ厳しい世界って感じでした。
クセになる映画で私は大好き。
あっ

あっの感想・評価

-
過去鑑賞
RyukiTsuji

RyukiTsujiの感想・評価

3.2
飛行機で見たね〜

シュール!
ウェス・アンダーソンの日本愛に溢れた映画。
むしろ日本愛を表現するためだけの映画だったかもしれない。
だってこの話の舞台は、全く日本である必要がないからだ。
そして、その日本愛は、日本人の性格、国民性にまで至っている気がする。

物語が始まる前に、字幕に関する注意書きをすることから、
この作品にとって言語は非常に重要なものだということがわかる。
頑に日本語を喋る主人公の言葉を、英語を話す犬たちはほとんど理解しない。
言語を超えた愛情・理解という犬と人間の交流をシンプルに描いていることはもちろん、
日本語がかなり独特な文化であり、それを頑に使用する日本人の鎖国性も示していると思う。
そして、犬たちを救うために立ち上がり、一番頑張るのが結局留学生の子であるという事実。
当事者であるにも関わらず、全く声を上げずに傍観している日本人の国民性を映し出す。
こんなふうに、相撲に俳句、浮世絵といったわかりやすい日本文化だけでなく、
作中の至る所で日本の奥深い性格のようなものまで感じることが出来る。
海外の人が、ここまで日本のことを正しく描いた映画はこれまであっただろうか?
ただただすごいと思う。

この溢れ出るウェス・アンダーソン感はどこからくるんだろうなあ?
エドワード・ノートンが少し喋るだけで「あ、これはウェスの映画だ」と感じるもの。
左右対称な映像はもちろんのこと、脚本にもしっかり特徴が出ていて。
今後もずっと、ウェスの映画は楽しみになるんだろうなあ。
>|