犬ヶ島の作品情報・感想・評価

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

あらすじ

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと…

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

5.0
超良い
たけい

たけいの感想・評価

3.2
テンポが速くてバカには着いていけないところがありました!(笑)
でも面白い映画だということはわかった
ウェスアンダーソンの他の作品も観てみたいです。
文字情報が多かったから字幕を追うと映像見逃して損した気持ちアル
初めての人は吹き替えの方がいい、けどもう字幕しかやってない(笑)
緑玲奈

緑玲奈の感想・評価

4.2
骨投げていいこだねってとこ好き。

ペロッ

このレビューはネタバレを含みます

相変わらず話のテンポが早い。シュールでほんのちょっとだけグロい笑い挟むところとかさすがウェス・アンダーソン 。
猫が好きで増えすぎた犬を追放したかった小林市長ですが、猫は抱きかかえられているところが少し映るだけで、しかも喋る場面も一切ないレベルの脇役。なんで猫の方が良いのかも言われてないし、犬をゴミ島に送るのなんか完全に人間のエゴ。結局小林市長はアタリくんの短歌聞いて改心するし、人間より全然犬の方が筋通っててまともだと思わせるところも皮肉。
ウェスって日本が好きでこの作品作ったわけじゃないよね絶対。柴犬が出てこなかったし……
いろんなシュールさ含めてサイコーだったな(外科医の手術中の声が1番ナチュラルなのもおもしろかった)
西木寸

西木寸の感想・評価

3.6
カット&ペーストな日本love

http://n8ryt.blog.fc2.com/blog-entry-178.html?sp

オモチャ箱をひっくり返した作品なんて言われたりする、唯一無二のウェス・アンダーソンの世界。

日本人には出来ないカット&ペーストな日本描写の連続で、オモチャ=日本のカルチャーな遊び心がひっくり返された作品になっています!
竹

竹の感想・評価

4.3
めちゃくちゃかわいかった お犬も喧嘩けむりもコミカルなストーリーも画面も全部全部。おもしろくてたくさん笑ったけど泣いて泣いて、多分それは彼らの流す透明な涙のどれもが美しくて優しかったからなんだろうなあ 画面も言葉もごちゃ混ぜの感覚がおもしろくって心地よくってとっても好きでした。
お前ら犬のくせに猫より金玉ちいせえな!✋
野良犬さいくぅ~😗
I bite.

ウェス・アンダーソン新作にして、『ファンタスティック Mr.FOX』以来のストップモーションアニメ映画。黒澤明ライクなレトロフューチャーな日本を舞台に、少年と犬の冒険がはじまる。

ウェス・アンダーソンっぽい「真顔感」はストップモーションアニメであっても健在だし、魔術的な「間」の使い方もまた同様。

一見乾いたやりとりの中に込められたエモーションが炸裂する場面の力はどれも凄まじい。主人公の小林アタリ少年(コーユー・ランキン)とスポッツ(リーブ・シュレイバー)が初めて出会う場面の、両者が見つめ合うだけの場面に、非常にグッとくる。それまで延々積み重ねがあって…という場面ではないけれど、その瞬間から現在に至る間にアタリ少年とスポッツの間に確かに存在した絆の端緒が見て取れるし、アタリ少年が”犬ヶ島”に単独で出向いてきた決意の重さも伝わる。

笑いと悲劇(と、分類できないような感情)を同居させるのも、またウェス・アンダーソンの得意とするところで、本作だと渡辺教授(伊藤晃)暗殺と、それが齎す余波を描いた場面が特にその「なんとも言えない感情」を孕んでいて面白い。小林市長(野村訓市)の強権で、毒入りわさび寿司で暗殺されてしまうという、なんとも間抜けな最後の渡辺教授だけど、彼を喪うことで、犬たちを擁護する運動も、ドッグ病のワクチン開発も滞り、全ての犬の未来に暗雲が立ち込める。

世界観とかモデルにしている俳優(三船敏郎、仲代達矢、志村喬)は黒澤映画ベースだけど、機械の造形は本多猪四郎の『地球防衛軍』『妖星ゴラス』『怪獣大戦争』なんかを参考にしているようだ。確かに、パイロットスーツの感じとか、見覚えある。劇中の政治闘争?というか政治運動描写は、あまり今の日本とつながっている感じもしなくて、そういうものはかつての映画の中にしかないのだなと。
ガク

ガクの感想・評価

4.1
キャラが愛おしい!
映画美術が美しい!
こういう映画は何回も観てあげたい。
ファーストシーンの絵も、あんなに一瞬なの勿体無い!ウェスアンダーソン作品の中では笑いポイント少なかったけど楽しめた。これからも新作出たら映画館行こう。
化ズム

化ズムの感想・評価

5.0
濃いなぁ(笑)

ウェスアンダーソンは、いつも
映画としてはそんなに引き込まれてないんだけど、
美術家として好き。

今回も見入ったというより
眺めた。

この設定なら、ピクサーならもっと娯楽大作に出来たろうに、あえてしないのも彼の美学なんだろう。

別に話が好きではないのに
最後までまったく飽きないんだからそれはそれですごい。
>|