犬ヶ島の作品情報・感想・評価

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

り

りの感想・評価

4.0
犬、媚びてなくて全て可愛い。デザインもオシャレで好き。
ぽんち

ぽんちの感想・評価

3.9
初めてウェスアンダーソンの映画を好きになれた!
しかもかなり面白かった!!
まずアニメーションのクオリティがめちゃめちゃ高い。キャラクターのデザインや世界観のインパクトがすごく魅力的でした。
日本ということにあまり違和感がなく、海外の作品しては珍しく日本に間違ったイメージを持っていない。
そしてウェスアンダーソン映画の特徴でもある、驚くほど豪華声優陣。
映画史上最も豪華かもと思えるほど日米のスターが集結!
すごいなぁ。
一番良いなと思ったのが他言語の使い方。
本作、日本人が話す日本語に一切字幕がつかない。
だから外国の人が見ても、会話から意味を理解することはできなくなっています。(主人公と悪役の人の話す言葉は日本人にもわかりづらい笑)
それでもストーリーがしっかり理解できるように作られてるあたりが、すごく面白いなと感心しました。
日本人にはあまり感じることができないかもしれないけど海外の人が見れば犬と同じ目線で見ることができる作りになっていますね。
設定もストーリーも面白く、最後まで全く飽きずに見れて大満足でしたが、ラストはあまりにも...都合が良すぎる!
あと一悶着あってもよかったな〜。
ウェスアンダーソンのファンにとっては垂涎の作品なのでは(垂涎って言いたいだけ)
かなりの独特な世界観で、映像目当てに見るだけでも価値があるんですが、日本製じゃないのに日本のことをよく理解してるシナリオが凄い。終盤の俳句や翻訳家の反応あたりのシーンは、かなりぐっと来てしまった。
葵拓海

葵拓海の感想・評価

3.5
信じられるか…
これストップモーションなんだぜ…?

メイキングは必見!!
サリナ

サリナの感想・評価

3.6
映画館で見たかった作品を、機内で視聴。

海外から見た日本をコミカルに描いていた。
独特の世界観をストップモーションで表現していたし、ところどころお洒落〜〜というシーンも多かったなあ。

犬と人間の声優とのギャップも面白さのひとつだとおもう。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.5
独特な世界観。
私はだけど、見始めた時皮肉を感じた。ゴミ島は実際にペットショップの売れ残った犬が行く先ように思えるから。だから日本人と犬との関係はあんまり考えたことがなかったけれど考えるきっかけになればいいと思う。
自分の映画ベスト10を選べと言われたら間違いなく入る傑作 


映画でも音楽でも人は感情が動かされたときそれが感動となるが、その動きに質があって 
たとえ涙がこぼれても自分の中でその重さが違うことがある。 

例えば、ジョン・ラセターの映画が好例。 
非常にバランスがよく映画としてエンターテイメントとして100点に近い作品をバンバン作る。 
起承転結、緩急が非常にうまく誰が見ても間違いなく平均以上のスコアをたたき出す。 
いわゆる「泣ける映画」 
興行という意味でも作品の質としてもこれは正解だと思うし、ここに達しない映画も非常に多い。 

ただ個人的にはこういう映画はとても疲れるのであまり好きではない。 
ストーリーのテンポも速くコントラストも強く、例えるなら感情を鷲掴みにされブンブン振り回されているように感じてしまうし、本当にそれは自分の感動なのか不安になる。 


一方で。メリーポピンズ、眠れる森の美女等々、ストーリーではなく、ただただその映像やシーンが美しいというだけでこぼれる涙もあり、おしゃれキャットのようにただただ仕草の愛らしさに揺り動かされる感動もある。 
また穏やかな感動だけでなくセッションのようにエネルギーの塊をひたすらぶつけるような感動も近しいものがある。 
美術館などほとんど足を運ばないのだが、今までに絵画を目の前にして、なぜか涙がこぼれるようなことが何度かあった。 
そこに物語や背景や理由がなくてもすっと心にしみ込むような瞬間。それに近しい感動。 
そういったものこそ今の自分には心地いい。 



前置きが長くなったが「犬ヶ島」はまさにそれ。 
ストーリーもメッセージも教訓もあるし心打たれるセリフやシーンもおおい。 
ただどれも押しつけがましくなくさらっと進行していく。 
そこに心留められる人もいるし流す人もいる。 

そしてそこに対比するように、映像はひたすらに情報量が多く緻密に作られている。 
ただ混沌としているようで画面はとても美しく整理されていてどこで一時停止しても完全な絵になる。 
更にウェスアンダーソンの映画らしいトリップするようなBGM。 
ある種の宗教音楽を思わせるテーマの繰り返しは映像との一体感をより強め観客を没入させていく。 

自分はこの映画の中に共感や教訓を得ることは一切ない。 
「寓話」ではなく現在の「童話」でありそこに単に物語が存在するだけ。 
何かが起こり終わるというそれだけ。 

本当に素晴らしい作品だった。
>|