犬ヶ島の作品情報・感想・評価

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

ウェス・アンダーソン監督の日本へのラブレターのような愛の詰まった映画のように感じました。

喧嘩シーンの日本の漫画でよくある「喧嘩煙」など、とても研究されたんだろうなぁと、小さなこだわりが沢山散りばめられているのも見どころです。

ただ、話はよく分からなかったです。
犬かわいい。
近い時期に公開されていたストップモーションアニメーション作品の「KUBO」も日本を舞台にした作品だったが、こちらはより尖った日本文化へのリスペクトが見受けられた。
「KUBO」はどちらかというとストップモーションの限界に挑戦していたような感じがあるが、こちらはストップモーションの味を大事にしていたように思える。犬の毛並みを植毛で再現していたり、煙を綿で表現していたりとナマモノへのこだわりが尋常じゃなかった。また寿司を握るシーンや手術のシーンなど、ストップモーションの繊細な側面を活かしたテクニカルなシーンが多々あり、非常に見応えがあった。
キャラクターも非常に愛らしく描かれており、犬の目線で描かれる犬社会はシュールで微笑ましい。とても良かった。
lotte

lotteの感想・評価

4.0
日本へのリスペクトが細部まで詰まっていて、面白い話だった。
なな

ななの感想・評価

3.6
外国から見た日本のイメージ
笑顔と色が少ない
上に逆らえない感じ
日本っぽいなーって
でも作ったの日本人じゃないのに驚き


犬たちのシュールなやりとり

何と言ってもこれストップモーション、
どの場面も目離せない


なかなか面白かった
コロ助

コロ助の感想・評価

3.8
記録
2019年179本目
今日自分で髪をきったんですが久々に後ろ髪にブロックをいれ、自分やっぱ器用だな天才だなって思っていたら母から「あんた1週間後には社会人でしょ、大丈夫なの」と、言われました。

激しく同意です。
michiru

michiruの感想・評価

4.1
好きな要素が隅々まで詰まっているこの世界観‼︎
息子も楽しく観ていた。
aratake

aratakeの感想・評価

3.8
途方も無い
日本への愛
>|