犬ヶ島の作品情報・感想・評価

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

この異様にこだわり抜いたストップモーションアニメ
特に感心したのがアタリトリビュートの劇中劇と手術シーン。

日本人は基本日本語をしゃべってる。ちゃんとしゃべってる。みんなちゃんとしゃべってる。アタリだけなぜか下手…もったいない。

たいした話じゃないんだけど、なぜだか面白い。ウェスアンダーソンの考えた世界観がの魅力ゆえか。
恐らくこれがCGアニメーションや実写だったら半減していたかも。

反小林の運動に立ち上がる最初の一人が留学生の白人なのは少し複雑ですね。
これはWhitewashingな気もするけど、登場時に彼女は「ズケズケとものを言うからみんな(日本人)との間に摩擦が生じる」みたいなことを言っていて。まあそれはそれで日本人へのStereotypingな気もするけど、概ねその通り日本人はあまりものを言わないので最初に立ち上がったのが彼女でも納得できはするかな。
ウェスアンダーソンがここまで日本を意識した作品を作ってくれたのは嬉しいかぎり!映像技術も進化してて良かったが、ラストがサラッと終わるしウェスアンダーソンらしいオフビートも少ない所からするとストーリーはMr.FOXの方が好きです
ツナ

ツナの感想・評価

4.0
ネオ日本って感じ
ウェスアンダーソンの感性の凄さと感心してしまうくらいの日本愛が伝わってくる
ちょっとズレてる感じもまた良い
ウニ県って響きがかわいいな

このレビューはネタバレを含みます

ストップモーションアニメがお洒落。

犬同士、及び犬と小林アタリの交流を横軸にしながら、小林市長の政治的な企みが縦軸になっていて、意外と深みがある。

自分の基盤を固めるために、問題なり敵なりをつくり、自作自演のように自らをヒーローの様に仕立て上げていくのは現実にもある動きであり、興味深かった。
Kaho

Kahoの感想・評価

4.4
ずっと見たかったやつ、もっとはよ見ればよかった。スカーレットヨハンソンの声が個人的にツボ
W・アンダーソンの撮る映画は雰囲気あるし、センスめっちゃええ
akiko0406

akiko0406の感想・評価

4.1
ウェス・アンダーソンやっぱり最高に好きです。彼が日本をモチーフというか、舞台を日本に設定して作品を作ってくれたことにものすごく感謝というか、やっぱり大好きと叫んじゃいます。

情報量が多いと評価されてますが、たしかに多い。映像はもちろんのこと、今回は言葉が母国語が入るから更に情報量を多く感じる。

ストーリーはいたってシンプル。起承転結も明確。けどちょいちょいと挟まれてる(だろう)小ネタを映像や台詞で追おうとすると、やはりあと数回観なきゃ、いや観たい。

どうしよう、グランド・ブダペスト・ホテルもムーンライズ・キングダムも、観てない作品も観たいが、どんな順番にしようか…。悩む!
ハラハラドキドキ、
主人公の吹き替えの日本語が変でかわいかったな!

このレビューはネタバレを含みます

絶対私が好きなタイプの映画だろうな〜と思ってた!笑
初ウェス・アンダーソン監督作品。

ストップモーションアニメと独特な感性によって描かれる、異世界線ジャパン。
ビジュアルや音楽、細部にまでとことん凝って作りこんだんだなということがすごく分かる。

普通のハリウッドの日本ステレオタイプ映画より、ずっと現実に近かったと思う!まあ、中でも好きなテーマは変わらないんだなと思うけど

最後怒涛の展開で小林父がなぜあんなに一瞬で寝返ったのかだけ納得できなかった!笑
CC

CCの感想・評価

-
映像がとにかくオシャレで
犬達が可愛い。

なんだか不思議な映画。
>|