犬ヶ島の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

4.0

あらすじ

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと…

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

にしや

にしやの感想・評価

3.7
犬の毛の揺れ方がすげぇ〜〜〜〜。
監督はAKIRAとか好きそう。
すんご

すんごの感想・評価

4.1
監督の前作グランドブタペストホテルはあまりノれず、今作もあまりにハチャメチメな日本設定に、なんじゃいな!?と思って観ていた。

しかし、中盤のアタリとチーフが親交を深めるシーン頃から、急に面白くなり、そのまま最後まで夢中になって観てしまった!

正直、かなりクセの強い映画である。
しかし、犬と人の友情のエネルギーに惹きつけられ、あらゆるノイズが鮮やかに感じられる作品である。

途中途中のちょっとしたディテールも素晴らしい。もう一度観返したくなる映画だ!

そして、声優陣の豪華さはどうかしてるよ。
あや

あやの感想・評価

4.6
ウェス・アンダーソン監督の、ちょっとヘンテコな日本を舞台にしたストップモーションアニメ。14万4000枚もの写真を445日かけて撮影した、「まばたきが惜しい作品」です!

あの!ウェス・アンダーソンが、遂にジャパンをテーマにしたと言うのだから、一体どんな仕上がりなんだろう…と思っていましたが、期待を遥か上回る傑作でした。

”ドッグ病”の更なる蔓延を防ぐべく、全ての犬をごみ島(犬ヶ島)へ追放する条例を発足したウニ県メガ崎市の小林市長。アタリくんは愛犬スポッツを連れ戻すため、「星の王子さま」のように孤独に犬ヶ島へ向かいます。

人間よりも人間味を持った表情や台詞で表現されている犬たち。ちょっとヘンテコな日本には日本人もびっくり!なくらい、日本文化に対する敬意が細部まで払われています。日本の四季感覚、日本庭園、日本の国技相撲、日本食…正に”まばたきが惜しい”作品でした。

ボーナス特典の制作映像まで拝見しましたが、一コマ一コマに一体どれだけの歳月をかけているんだろう…という程のこだわりで制作現場でも実際に犬を飼っていたり、作品に対する愛情で溢れていました。

ウェス・アンダーソンの作品には、芸術性に比重を置いているイメージが強かったのですが、忠犬ハチ公を思わせるような日本人と犬との深い絆を描いた今回のお話は大人でも十分に楽しめる内容でした。
犬好き、必見!!
ayumi

ayumiの感想・評価

3.5
乱闘のボコスカ感かわいい
黒澤映画に詳しければ、もっと作品を楽しめるのかな
harami

haramiの感想・評価

4.0
ウェスアンダーソンの世界に一気に引き込まれる。日本人の乾杯シーンが好き(笑)
オノ・ヨーコにおどろき。
のり

のりの感想・評価

3.7
ストーリーは単純だけど、世界観がすごい好き。最後のほうの俳句とか意味わかんなかったけど感動した
えりこ

えりこの感想・評価

3.5
政治家に必要なのは他者への尊敬と愛情、そして良心だと思わされる作品。

AB首相に観て欲しい。
201809088
日本の事を凄く調べてますね😳
世界観はやっぱり監督らしく魅力的に作られてます!

今作はストーリーがやや残念😔
俳句のパワー...
亀

亀の感想・評価

4.4
フジヤマ、ゲイシャ、世界のクロサワ!オノ・ヨーコのおさげの主張が強い(Y.O)。
SNSD3320

SNSD3320の感想・評価

4.1
めちゃ独特の世界観。ストップモーションとは思えない細かさ。完成度。素晴らしい作品に間違いないけど多言語にしなきゃダメかな?もう少しちびっ子も楽しめる作品にしてもいいような気もした。