犬ヶ島の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

あらすじ

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと…

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

m

mの感想・評価

3.9
拝啓
ウェス・アンダーソンさん
ここまで感情が描ける人だと思ってなかったです。

個人的にはウェス特有のテンポにいつも合わせきれない。頭が良い人は早口だからね。
ついていけるように賢くなりたい
sa

saの感想・評価

3.7
ウェス・アンダーソンの独特な世界観〜。

クセになりそう!

観ているうちにどんどん引き込まれる。

グレタ・ガーウィグのカタコトな日本語が可愛かった!笑
movielover

movieloverの感想・評価

4.4
素晴らしすぎる。
愛がすごい。

「日本」の描写だけを切り取っても、リアルとファンタジー(金屏風的な絵、ゲイシャなど今はあまり身近でもないもの)のバランスが素晴らしい。

変わり身の早い日本人が、日本にとって残すべきものでも今あまり身近でない日本の良さみたいなのがウェスアンダーソンによって描かれることで、再度見直されてむしろこれが20年後の日本なんじゃないかなとか思っちゃう。

こだわりの塊みたいな人ってほんとすごいな。
日々の仕事ひとつひとつ、手を抜いちゃいけないなぁ、きっと誰かが見ていてくれる、と改めて身の引き締まる思いでした。
omame1

omame1の感想・評価

3.7
ペットって本当は自由に生きたいんじゃないかなって日頃思ってたけど、なんか、そんなこと無いんじゃないかって思える良さがあった。
字幕の位置がコロコロ変わるのが読みにくかった。
cyph

cyphの感想・評価

4.1
本当にスペシャルな映画を前にすると投影されたものをおとなしく観る機械になっちゃうな なにもかも初めてなのに郷愁やパロディのせいで初めての感覚すら奪われて何にしがみついてるのかもよくわからなかった とにかくオリエンタリズム、向こう岸から見て想像して調べて知ってつくられた日本にはちゃめちゃ弱いのでずっと腰砕けだった 毒や錆や腐臭で画面がひたひたなのも気持ちいいし、その奥にユーモアの気配をずっと感じられるのも安心できていい 犬への敬意の払い方や犬との距離感もずっとよかった 透明な涙を目にする度泣けてしまった 観てる間だけ体性感覚との繋がりもなんか違くて、ほんの些細なディテールに何故か鼓動が早まって涙腺もゆるむ、みたいな現象が幾度となく起きて不思議だった
泣いたり笑ったりした
日本の過剰な風刺ももう慣れた〜
犬かわいくて
ほっこりもした
山本

山本の感想・評価

-
なるほどすごい映画だった。アニメの四畳半神話大系やニンジャスレイヤーとかが好きな人が見たらいいんじゃないかと思う。架空の日本が舞台の話。日本愛と日本への尊敬に溢れる映画という評価があったが、むしろ僕は日本を馬鹿にされてるような気持ちになった。理由は3つあり、1.時代は未来を想定しているにもかかわらずきわめて昭和的なモチーフが頻出しており、戦前回帰へと向かう現実を批判されているように感じた、2.政治的に犬が駆逐されるというエクストリームな設定をわざわざ日本でやる意味。かつて日本には生類憐みの令というエクストリームかつ「滑稽な政策」があったが、それを皮肉っているように感じた、3.英語を話す犬と日本語を話す主人という関係が、日米関係を反転させたメタファーになっているように感じた。
以上だ。すべて僕の考えすぎといえば考えすぎなんだが、逆にここまで深読みを誘う要因がそろっていて、僕のような解釈を許さないというのもおかしな話ではないでしょうか。
そういうのを抜きにして映像表現として面白かったとは思う。しかしなんで日本人の喋る日本語があんなに聞き取りづらいのか……あの秘書のおじいさん? のセリフもほとんどわかんねえよ。日本語がわからない犬になった気分だ。あとスカヨハの犬の声がセクシー。

【2018.6.25追記】
いろいろ検索してたら、どうやらアメリカでは本作を批判する向きもあるらしい。文化の盗用とか、キノコ雲の描写はタブーじゃないかとか、ステレオタイプのスシ、スモウはふざけてるとか……まったくぼくもそう思ったのだが、この高評価具合を見てるとどうもそういうことには当の日本人はあまり関心がないようだ。ということでスコアを消した。
ニンジャスレイヤーにおけるステレオタイプなスシ、スモウが面白いのは、それが日本人の作家による海外フィクションへの皮肉になり得ているからだ。もちろんふだん我々はそんなことを考えずに忍殺を読んでいる。けれどもその根底には、「こういうまちがったステレオタイプの日本理解ってあるよな」という嘲笑がある。忍殺の作家は一見外国人の名前のようだが、それが日本人によるペンネームであることはよく知られている。そういったギミックもふくめて忍殺は面白いのだ。それと外国人の作家がステレオタイプのスシ、スモウをフィクションに使うのは全然わけがちがう。そのことをわかる必要があるのではないかと思った。
あずき

あずきの感想・評価

3.8
主人公の喋り方がクレヨンしんちゃんに聞こえて仕方なかった。ネイティブ?の子なのか。

オチがちょっと微妙な気はするけど、ストップモーション思った以上に見応えあった。
ジャパーン
ちょこちょこ腑に落ちないとこもあったけど
面白かった…気がする
途中多分15分ほど寝ちゃったんだ…
疲れてたのね…
パピーちゃんたちのお皿かわいすぎ
声優陣がなかなか豪華でびっくりだ
じゅり

じゅりの感想・評価

3.6
映像の技術は本当に素晴らしかった。
自分の体調があまりよくなかったのもあってか、暗めの映像や妙にリアルな生き物がちょっときつかった。
ストーリーやキャラの個性は所々笑えるところもあった。