犬ヶ島の作品情報・感想・評価 - 290ページ目

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

あらすじ

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと…

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

字幕に音声に画面中の文字にと忙しいけど、それは日本人ならではの嬉しい悩み。ワンコたちが魅力的(豪華すぎる声優陣)。画が素敵で印象的なシーンがいくつも!戌の年に、日本愛に溢れた映画を届けてくれた監督に感謝。
デザインが仕上がりすぎてて話がわかんなくなった、もう一回観る
misato

misatoの感想・評価

5.0
ウェスアンダーソン監督登壇の初日舞台挨拶付き上映にて鑑賞。特別な思いがあるのでスコア満点です。笑
彼の世界観って彼の脳みそを開けてみないと分からないと思うんですけど、この映画は日本人である私たちが観ると少しだけ他の言語を話す人よりも深く理解する事が出来ます。なんせ日本語で話してるシーンが多いし、海外版には英語字幕はつかないそうですよ!
本当に1つのフレームに情報量多すぎなので1回観ただけで全て理解するのは不可能!家でストップかけながら何回も観たいなあ。
ウェスアンダーソン が日本好きで良かった〜〜(;_;)
s_nkmc

s_nkmcの感想・評価

4.8
さすがの師匠。何をどう撮っても面白い。ボディガード犬の引き継ぎに涙。
Bigs

Bigsの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ウェスアンダーソン映画、割と苦手でしたがこれは面白かった!
何より人形アニメーション×トンデモ日本描写×近未来SFにより、今まで観たことないスーパーフレッシュな映像が楽しく、何より一挙手一投足がすべて良くできててとにかく心地よい!!

本作はウェスアンダーソンから観たデフォルメされた日本像が詰め込まれており、これはおそらく外国の人から観たら圧倒的な他者・異文化として映ると思う。ただそれでもこの映画からは異文化を異なる物として尊重していることが伝わってきて、これは映画のテーマとも関連してるんじゃないかと思った。
た

たの感想・評価

4.3
ウェスアンダーソンにしかつくれない映画、細かい美術にもっと注目してまた観たい、早く家に帰って自分の犬に会いたいです
TsutomuZ

TsutomuZの感想・評価

3.8
日本文化よりも日本映画オマージュの作品。東宝山って!
鈴木清順を感じたのは影絵的演出と瓶の小屋の色彩で、加藤泰を感じたのはラストの二人は藤純子と高倉健から。

徹底した左右対称の構図と執拗な横移動は見ていて疲れる。
なのでアンダーソン監督作品をとことん好きになれない。
日本の歴史と政治をモチーフと言うか皮肉ってパロディにした少年と犬の冒険物語。とってもシュールだけれどタダそれだけ。パペット劇なので動きが単調で飽きてしまう。2時間弱はキツイ。この手のものはショートストーリーで充分だなと思ってしまった。
映画の快楽を抽出凝縮したような101分。おもしろかったー。ただ、それ故に危険性を感じる人がいるのもわかる。
これ語りきらんわ。横移動した!気持ちいい!物が飛んだ!気持ちいい!本がめくれた!気持ちいい!の連鎖だもん。
映画的快楽の塊みたいな作品だけど、同時にプロパガンダに転びそうな危うさを湛えた作品ではあるんだよなー。市長側に猫のモチーフが使われてたり(この辺りは猫好きとしてはちょい厳しい)。
Miho

Mihoの感想・評価

4.2
世界観最高かよ…かなり好きだ
外国人から見る日本視点に茶目っ気と風刺がよく効いてる。
徹底したシンメトリーと情報の大渋滞は様式美だよなあ…この渋滞っぷりを引き立たせるためにもぜひ字幕で観るべき
OP EDの監督名表記をあえて日本語にしてるのが可愛かった