犬ヶ島の作品情報・感想・評価 - 290ページ目

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

4.0

あらすじ

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

orimarks

orimarksの感想・評価

5.0
敬愛するウェス・アンダーソン監督のストップモーション最新作。危うく劇場でスタンディングオベーションをするところでした..。

大好きな"ウェス・アンダーソン感"の密度が過去最高!加えて今作には、日本文化・映画への愛とリスペクト、だからこそできるシュールないじりがぎっしりときたものだから、さあ大変。
感謝やら驚嘆やら感無量で、ワクワクと鳥肌が止まりませんでした。

観るものをあっという間に作品のペースに巻き込むテンポ感、細部までこだわり尽くされた美術・音楽等、相変わらず全てがツボ。
作り手の愛情と情熱がひしひしと伝わってくる、何十回でも観たい作品です。
P1島

P1島の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

和太鼓の響きに合わせてスクリーンが鬼のように豪華なキャストの名前(英字と日本語併記)で埋め尽くされて行くオープニングでのっけからテンションMAX!祭りじゃー!


小林市長の心変わりがやけにあっさりしてたり、ハッカー潜入の下りが雑だったり、アタリが唐突に市長になっちゃったり、ところどころ脚本の粗は目立つけど、そんなことより美術の素晴らしさ。予告の時点で約束されていた、素晴らしいセットデザイン。石田徹也の絵画がそのままアニメーションになったかのような映像に一目惚れでした。ショーワ・パンクとでも呼べばいいのか。24時間ただずっと眺め続けていられる。
キャラクターデザインもすき。なんか日本が舞台の海外アニメで、はじめて日本人がちゃんと日本人に見えた気がする。


海外のとある有名YouTubeレビュワーは、「日本人のキャラクターの日本語の上から英語の通訳を被せる編集は日本語、日本文化に対するリスペクトに欠ける」というようなことを言っていた。
たしかに、「日本人キャスト多数出演」と宣伝しておきながら、日本語の台詞のほとんどは通訳にかき消されるため聞き取れない。役者本人がそれについてどう思うかはさておき、個人的には全く気にならなかった。
日本人の観客だって、これが非日本語話者の観客も観ることを前提に作られた映画であるという文脈は理解しているし、何より日本語・日本文化のエッセンスが一回の鑑賞では到底拾いきれないほどギッシリと詰め込まれた本作を、リスペクトが足りないなんて、とても言えない。
(しかしそれはさておき、とんでもない渡辺謙の使い方をしてくるなぁ……)



タイトルに「犬」と入っているからには、かわいいワンちゃん見たさの観客が大勢来ることは避けて通れない。でも大丈夫。個性豊かな犬キャストがそのニーズに応えてくれます。きっと推しワンコが見つかるはず。
僕的推しワンコは予言者(テレビっ子)のオラクルちゃん。テレビ見てるだけのクソチビが賢者気取りやがって。かわいいなクソ。
ファンタスティックMr.フォックス同様に平面なのに奥行きのあるコマ撮り。
子供の頃に見た紙芝居や、絵本の世界。
わかんない人にはわかんないのがウェスアンダーソンのいいところなんです。
実写とかアニメーションとか表現方法は関係ないのがこの人の映画です。
そういえば昔読んだ童話って結構暗い内容を含んでる事多くなかったですか?
彼の映画もそう言うものをぐるっとひっくるめて物語にする。
なんてウンチクはどうでもいいので騙されて見てください。

見た後の俳優の答え合わせも楽しいですよ。
「グランド・ブダペスト・ホテル」が個人的な嗜好にマッチして頂けに、ちょっと物足りなさが残りました。
よくわからないけど、原発津波を意図してる?日本人ならすぐ連想しそうな内容でした。

PS.TOHOの初Premierだったけど、良い。
通路幅と座席がベスト。
oharu

oharuの感想・評価

-
ディズニーランド張りの
細部の作り込みで これは土下座🙇‍♀️

山田とか 佐藤じゃなくて、
絶妙な小林を取るかんじ😭

遠吠えの声に癒された

ワオーン🐶🐶🐶
はな子

はな子の感想・評価

5.0
とてもよかったです!
美術も細かいところまで凝ってて一回では観きれなかったなあ
Erika

Erikaの感想・評価

3.5
初めてのウェス作品。
絵本のようなファンタジー性を残しながら、細かい描写が本当にリアル。

英語と日本語混ぜこぜ、大丈夫かなーと思っていたけれど、自然に見れました。

野村さんのBRUTUSのコラムも読んだけど、ウェスはきっとあらゆるものへのリスペクトが凄まじくて、いい意味でのオタク性があって、愛のある人なんだろうなーというのをひしひしと感じられた作品。

アタリくんの勇気と、愛と、スポッツとの絆が本当に愛らしくて素晴らしい。
天才か

ウェス・アンダーソンの中で一番ウェス・アンダーソン感あった…何を観たり聞いたりして育ったらこれ撮れるようになるのかがまったくわからん 天才かよ

日本が舞台でストップモーションだとKUBOも良かったけど、こっちはさらに日本文化めっちゃ調べました感…
日本のあるあるジョークもめっちゃ入ってるしどう研究したのかわからん 一本締めとかあまりにもギャグセンスが高すぎる

グランドブダペストホテルに引き続き、テーマは重いけどひたすらコミカルで笑えるし、とりあえず映画好きなら全員見て欲しい。すごい。
ストップモーションってほんと??CGでしょ?となんども疑いたくなるくらい芸が細かい。犬たちかわいい
JinOkai

JinOkaiの感想・評価

4.7
規格外。こんな映画観たことないです。ストーリー、キャラクター、映像、美術がとても高い次元で融合してます。