犬ヶ島の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

あらすじ

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと…

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

福田

福田の感想・評価

4.5
日本語、英語、犬語が入り混じっていて楽しい
細かいことは気にしない感じでテンポ良く物語が進んでゆくのが愉快だった

悪いやつがあんまり出てこないし、悪もん良いもんにわけないのが平和で良い

『犬インフルエンザ』が字幕でドッグ病と訳されていたのがもったいない
作品の内容の濃さに対して鑑賞後の疲れが少なかったように感じる。それほどテンポ感のある良作だった。
ストップモーションアニメ独特の雰囲気とストーリーが噛み合い、シュールな世界観が続く。最後は少々ご都合主義的だったが、納得させる技量は流石と言わざるを得ない。
creamp

creampの感想・評価

3.7
ウェス・アンダーソンの作り出す世界観が好きで、今回もすごく良かった。でも、ちょっと長かった。
2018年75本目
普段アニメはそんなに見ないのでどんなものかとそわそわしていたが、映像も独特で可愛いし、私的には音楽がすごい良かった。日本語と英語の掛け合いみたいになっていたがそれほど違和感もなく、面白いシーンもたくさんあったので入り込みやすかった。芸術を観に行った感がすごい
独特な世界観とそれに合う音楽が最高だった。犬と日本への「リスペクト」が伝わってくるし、動物の殺処分の問題についてもすごく考えさせられる。笑いあり涙ありの映画だったな〜。期待以上!

⑥③
マオ

マオの感想・評価

4.5
“ I can hear you, I can hear you... ”

わたしはこのシーンではやくも涙腺崩壊してしまって、自分でもびっくりするくらい涙止まらなくなって、映画中に何回もこのシーンを思い出して泣いていた。大事な大事な我が家のわんこと重ねてしまってダメだ。。犬って本当に本当に愛おしいね。さらに大好きになった。
ワンコ達も主人公のアタルも、目にたくさん涙を浮かべて、ポロポロ涙するシーンにどうしても打たれてつられてしまった。

これ以上ないくらい、犬と日本への愛とリスペクトが詰まった作品。
オープニングからぐっときて、なんだか既に泣きそうになって、気づいたら終始食い入るように、必死に前のめりで見ていた。映像も音楽もとにかく細かいセンスの塊で素晴らしかった。よくあるエセ日本じゃなくて、未来の話なのだけどいろんな作品のインスパイアを受けた日本の古き良きな部分がたくさんで、すごく細かいところまでよく出来ていて、感動し魅せられた。字幕やテロップのごちゃごちゃしたレイアウトなんかも、日本を意識したものなのかな〜と思ったり。

本作は、人間たちは日本語を、犬たちは英語を話す。公約文だとか演説通訳以外に、日本語への字幕表示がなく、日本語がわからない人は犬目線で視聴できるつくりで、わたしたちはもちろん犬の言葉はわからないし、犬たちも同じように人間の言葉はわからなくて、それでも実際日常的に共存していて、、そんな部分を表しているのがおもしろいと思った。
言葉は通じなくても、ちゃんと心は通じ合えるんだ。

現代社会における皮肉が込められている中に笑いが散りばめられていて、おもしろかったなあ〜。あ〜おもしろかったなあ好き…が毎秒毎レベルでじわじわくる。
たくさんたくさん大好きなシーンがあって、一瞬一瞬の表情とか何も忘れたくないくらい愛おしかった。愛おしくてたまらなくて、胸が張り裂けそうになった。
家に帰って、たっぷり我が家のわんを抱きしめて撫で回した。
ああ〜、好き。
絵本に閉じ込めて、ぎゅっと抱きしめたい。
m

mの感想・評価

5.0
想像以上にニッポン要素全開。
細かい、本当に細かい。
DVD出たら止めながら何度も見返したい。。。
あ、こんなのもあったんだ〜っていうの絶対に大量に見つかる。

ウェスアンダーソンの新作が出るって言われてからずっと楽しみにしてたから見れて幸せ。。
nssk

nsskの感想・評価

4.1
太鼓からすき。くすっと笑える感じさすがウェスアンダーソン。主人公の男の子の話し方かわいすぎる。ハーフの子で日本語と英語が話せるそう。
パンフレット買おうかな
ここ

ここの感想・評価

4.0
すごく楽しかった。
わけわからないところがあるのも心地よい。
よかった映画館で見れて!
思った数倍笑えたし、なによりセリフが早いからテンポも早くてよかった
でも画面上の情報量が多いから上映時間よりたっぷり見た感がある
アタリの口の動かし方とテロップの色味が好きだった
意外と手元に置いておきたい一本