犬ヶ島の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

あらすじ

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと…

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

とろろ

とろろの感想・評価

5.0
浮世絵、和太鼓、サムライ、ワサビ。
浮世絵を描いたゴッホの油絵を見ているみたいな不思議でワクワクする日本的世界観。好きです。
観ているだけで幸せになれるかわいさだけど、目が足りないもどかしさに何度巻き戻したい欲に駆られたことか。
ブラックユーモアもたっぷりだけどストーリーはむしろ王道で、そこがまた良い。
miup

miupの感想・評価

4.4
すっごい好き
ウェスアンダーソンの独特の世界観で表された日本、超細かかった
日本人で良かったと思った
「グランド・ブダペスト・ホテル」のウェス・アンダーソン監督の最新作。
とにかくシュールかつユニークでユーモアに溢れた楽しめる映画でした。
画面の情報量はけっこう多くて追いかけるのに必死でしたがその分、話はけっこうシンプルな感じだったので分かりやすかったです。
人間が日本語を喋って、犬は英語を喋るというのが不思議でシュールな設定だったので面白かったです。
あとは犬の一つ一つの動きが普通に見る時より愛らしく感じられてその点はストップモーションアニメにして正解だったのではないかなと思います。
そして「グランド・ブダペスト・ホテル」でも美術が素晴らしく、今回も犬の造形美とかを堪能することができました。
画作りも一つ一つ丁寧で素晴らしかったです。
mamilktea

mamilkteaの感想・評価

5.0
やっぱり好きだなーウェスアンダーソン監督の世界観。なんかミステリアスな雰囲気を醸し出す変じゃないけどなんか不思議な日本語たち。日本人として日本語の意味がわかるからこその面白さもあったと思う。メガ崎市のウニ町ってなんなんww 日本が舞台とか嬉しいねーそれだけで。オシャレだわ、色使いとか世界観そのものがセンスの塊。とちゅうでクスッとなるところとかまた観たいなー!
12

12の感想・評価

5.0
想像超えて良すぎた。場面の切り替え的なの好き、色合いも好き。
情報量の多さについてくの大変だけどこれは日本語と英語混じってて面白い映画、むしろわかりやすい。
オノヨーコで無駄に興奮した。
ウェス アンダーソンの想像力の豊かさと頭の良さを感じる
いやーとっても可愛かった😂
外国madeのもので、日本人をざっくりアジア圏のイメージで表現されてるのってよくあるけど、もうこれは純粋に日本!すごい!伝統的な日本をオマージュして作られてる。でも人の顔とか動物たちにどこか外国ぽい雰囲気が残ってるし、劇中は英語と日本語どちらも飛び交うから、なんか新鮮で面白い!とにかくクオリティの高さにびっくりで最後まで目が離せなかった。瞳の動き、犬の毛並みが特にステキ!!

実写よりアニメのほうが、粗探しせずに素直に見れることに気付いたw 犬たちの忠誠心や、アタリくんとボディガード犬のお互いを大事に思いやる姿に、終始ウルウルでした😂

天才ハッカー君は藤田嗣治がモデルかな?!?!なぜそこ?!
パンフレット売り切れで残念でした!

このレビューはネタバレを含みます

日本語も浮世絵も俳句も生活も、よく勉強したんやろなぁということがよくわかる。英語圏の人が主な対象として作ってるんやろうけど、日本の人にとっては逆輸入的に楽しめると思う。
話はどうってことないからあまり残るものはない。後半飽きる。
Tommy

Tommyの感想・評価

4.2
はーやっぱりおもしろかった!
ファンタスティックMr.フォックスが大好きだったからウェス・アンダーソン監督のストップモーションアニメ作品ほんと待ってた!!

やけに多数決とるとことかアタリの無言でめっちゃスライダー推すとことかトレーシーのホームステイ先のばあちゃんの受け流し方とか直接メインストーリーに無関係なシーンがくだらなくてたまらない。
もう一回観たいな^^
鱗子

鱗子の感想・評価

3.5
アニメーション凄い......

「これは犬と人間の戦争だ!」というのは、近未来を風刺するのに恐怖を与えるだけでないうまさがあるが、やはりなんとなくミニマムな映画。
REI

REIの感想・評価

4.3
日本人と海外の方が同時にみても理解できるというハイブリットな作品。

ウェス・アンダーソンさんの作品は初めて観ましたが、物語の内容、言葉遣いが新鮮で素晴らしかったです。

他の作品もぜひ観てみたいと思いました。

あと虹郎が英語を話しててかっこよすぎたので私も努力しようと思いました。嗚呼面白いことがかけない。。