犬ヶ島の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

4.0

あらすじ

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

スポッツとの回想で泣く、その次のシーン切り替えぎウェスアンダーソンらしさ全開で笑える 字幕なくて細かいところは追えなかった
なんだか、不思議な映画だったな。

前情報入れずの初見。
監督の頭の中を覗いたような…そんな気分の仕上がりでした。

色々凄すぎて、ストーリーがあまり入ってこなかった…という事態(^_^;)

エンターテイメントでした。
けん

けんの感想・評価

4.0
キャスト豪華すぎる
作り込みがすごいし笑える

パペット風のCGだと思ってたらストップモーションだとは
大変な労力だ

カンパーイからの一丁締めからのありがとうございましたーの淀みなさは面白すぎる
tamaki

tamakiの感想・評価

3.8
日本に関する細い描写が嬉しい。犬達も可愛かった。ストーリーは年齢に関係なくおすすめできる。飛行機で雑音が多かったのでもう一度じっくり観たい。
ちひろ

ちひろの感想・評価

4.6
犬好きにはたまんない。超かわいーーー❤️
って映画の感想としてどうかと思うが。
アタリ少年と犬達の交流シーンはもれなく落涙しておりました。もう色々ツボに入ってしまった。
終盤の決着の仕方に無理ありすぎ、とか、小型犬がほとんど出てこないとか、言いたいところはありますが。
犬映画として最高でした!!!
外国人の考える日本像も面白かった。
丁寧な作り込みながら、ストップモーションアニメならではの味が存分に発揮してある、このバランス感覚だけで既に大好き。
正直、ストーリー運びはもうちょっと工夫があっても良かった気もしますが、種族や言語を飛び越えた絆の描写にはグッとくるものがあるし、この監督独特のテンポ感がハマるなら、最後まで楽しく観れると思います。

吹き替えと字幕両方観たけど、この映画のトリック上、字幕で観た方がいいかもしれません
霖雨

霖雨の感想・評価

3.8
日本語と英語、両方わかることはこの映画を観るにあたってメリットなのがデメリットなのか。字幕のない日本語部分をわからない言語でやっているのを観てみたい。

舞台はリアルな日本ではなく、監督の想像上の日本。だから変な表現があっても気にならない。

日本語のセリフが舌ったらずというか、とにかく聞き取りづらい。その点は気持ち悪い。
pino

pinoの感想・評価

3.3
個人的にはウェスアンダーソン作品の中で今のところ1番好き。また中盤辺りで少し寝ちゃってたけど(笑)
あの独特な世界観と動き、面白いな〜。
あの人オノ・ヨーコっぽいと思ってたらそのままオノ・ヨーコだったり、ちょっと癖になるカタコトの日本語とか、俳句とか、日本人だからこそ笑っちゃうところも多い作品だと思います。「取ってこい!」のシーンがお気に入り!
おしゃれでユーモアたっぷり
日本の情報量 多すぎ そして 偏り過ぎ

こんなにもバカやっているのに ストップモーションアニメとして観ると、とてもしっくりくる。
この監督の作品はいつも不思議な雰囲気がある。
今回は日本を舞台にした作品だけどあまり日本って感じはしない。あえて言うなら外国人が想像してる日本が舞台って感じ。