犬ヶ島の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

4.0

あらすじ

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

dandelion

dandelionの感想・評価

4.3
ウェスアンダーソンの中ではあんまりかも
犬ちゃんはかなりかわえええ
泣く。
相変わらずウェスアンダーソンだった、演出も面白いしカメラワークはアニメーションであってもウェスそのもの。
内容はプロパガンダや全体主義や独裁、汚職政治や偏向報道みたいな現実世界でもあからさまでないが確実にあるダーク部分をもろに映してるけど、犬と少年のハートウォーミングな繋がり話しのやりとりと、やはりアニメーションの暖かさで中和されてて色と小道具なんかもすごくよかった。
あや

あやの感想・評価

3.5
まばたきの惜しい映画!というのは本当によくわかるが…
猛烈プッシュからの観賞だったから、ちょっと期待しすぎたかもしらん。
まぁ日本人得な映画なことは間違いない。(言葉の面においても。)ただ、日本語話す子カタコトだから吹替だと犬のが流暢に英語話すという物凄いギャグ感らしい。字幕で良かった笑
超個人的意見としては、最近英語勉強してる身として、分かりやすい英語が使われてて嬉しかった。ww映画関係なw
きの

きのの感想・評価

3.3
わくわくワンちゃん映画と思いきやテーマが見えてくると大人向け
声優陣が素晴らしい
サムライ ゲイシャ スシ
ジャパーン
ゆうな

ゆうなの感想・評価

3.9
ウェスアンダーソンの作品はどうしてどれもこれもこんなにもおしゃれなのだろう〜ああ可愛かったな〜いっぬ🐕🐕🐕
ななみ

ななみの感想・評価

4.0
ウェスアンダーソンの独特すぎるシュールな世界観がもう訳の分からない面白さを作り上げている
なぜだかどんどん引き込まれていく、そして半笑いで見てしまう
多分日本人やからこそっていうのも大きい
犬はかわいいけれどあくまで人間のしもべでありそれ以上でも以下でもないという強い信念を感じる。西洋人が作った映画だなぁと思った

このレビューはネタバレを含みます

こんなにも気味の悪い映画を鑑賞したのは久々です。
久々じゃないかも。初めてかも。

なんじゃコリャ~~衝撃的!な訳ではないのです。
起承転結ありの既視感ある馴染みある流れなのです。
アニメーションで、ストーリーも“愛犬を助ける”という単純明快なもの。
親子で楽しめます!というキャッチコピーが抜群に似合いそうな。

それなのに、何で、こんなにも気色悪いのでしょうか…。

先が全く読めない底知れぬ不安の煽り方と、
もうちょっと深入りしたら抜け出せそうな闇の深さの描き方はお見事でした。

何よりもアタリの日本語のイントネーションとボリュームが本当に気持ち悪い。

犬と少年の友情物語!と素直に受け止められない、受け止めきれない、安易に他人には勧められない作品でした。
はるか

はるかの感想・評価

3.7
さすがウェスアンダーソン!というしかないあの独特の世界観。
和太鼓だったり、歌舞伎?だったり、日本の文化の使われ方がまたよかった。
実写映画じゃないからどんな感じなのかなーと思っていたけど、予想を超えてくるかっこよさ。
「犬に始まり犬に終わる」

「グランド・ブダペスト・ホテル」の鬼才ウェス・アンダーソンが「ファンタスティックMr.FOX」以来のストップモーション・アニメを手掛けた作品。約100分の本編に14万コマもの静止画が撮影・使用されている、手間暇かけた監督の愛がこもりまくった一品。

まずこんな設定を思いつく時点で凡人とは一線を画す監督の奇抜なセンスが凄い。「ファンタスティックMr.FOX」でも思ったけど、自分には逆立ちしてもこんな設定思いつかないよ。今回はそれ以上に監督のセンスが大解放されている。

出てくる犬達も微妙に可愛くて可愛くなくてやっぱり可愛いギリギリのラインなのが良い。ストップモーションで作られてるので一挙手一投足の仕草が新鮮に映る。犬をストップモーションで見たのは初めてだし。

ストーリーも単純明解な救出冒険劇ながらも、ところどころに現実を皮肉った場面もあったり、多少の毒もありと、監督の持ち味が遺憾なく発揮されている。自分はこの「毒」の出し方がいやらし過ぎず、かといって刺激があまり無いってワケでもなく、丁度良い絶妙なラインなのが好み。

惜しいのは後半スポッツが出てきてからチーフ以外の4匹の出番がほぼ無くなってしまったのが残念。最初に小林少年を連れて行くって言ったのは紛れもなくこの4匹なのに、もうちょい後半でも活躍させて欲しかった。欲を言えばもっとキャラ立ちさせて欲しかった感はある。あと何人かのキャラは単純に何言ってるのか分からなくて聞き取りづらかった。

と、不満はあるが、しかしやっぱりウェス・アンダーソンは只者では無かった。前々から自分にとって結構好みな作品も多かったが、これを見て改めて思った。この監督好きだわ。