犬ヶ島の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

あらすじ

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと…

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

izumi

izumiの感想・評価

4.3
期待どおり、ウェスアンダーソンの世界だった!デザインや色づかいがホントにセンスがよい♪キャラクターも皆個性的⤴️声優の俳優さんたちの個性がキャラクターになってたね♪物語も分かりやすかったし、現実世界へのメッセージもあって子供たちにも見てほしいと思った。
劇場で観られて良かった~
和太鼓のリズムが物語を引き締めていて印象的だった。
百合

百合の感想・評価

-
ツボ

ブライアンクランストンの声が一番好きでした。あとスカヨハ。海外俳優の声だけを集中して楽しめることってほとんどないと思うのでそこも貴重な経験。あと外科手術のシーンやたら気合い入れてるなと思ったら声優渡辺謙だったんですね…あのシーンも良かった…
というかほんと‘ツボ’のシーンの連続ですよねウェスアンダーソン映画は。みんな指摘してる通り外科手術と魚捌く俯瞰ショットは最高でした。よくこんなの作れるよな…という…。
映画は動かないモノや暗闇をいかに撮るかというところがあると思うのですが、本作品における夜のシーンもよかったです。光が当たって風になびく毛の輪郭だけで犬たちを表現するのがとてもきれいでした。
誇張された日本像とかは特に気になりませんでした。というかわたしたちもフィクション的に憧れる‘日本’ってああいうものだったりするのでは…?と思います。
笑いも大変いびつで良かった。大概倫理観おかしいですよねこの人の映画。
犬撫でたくなりました。
あーこの情報量が多い感じ!タイポグラフィの使い方!これこれ、ウェスだよ!
好きなものをみっちみちに詰め込んで、それが日本への偏愛だろうと過大表現だろうとウェスのセンスならオールオッケー。私が見たいのはこれなんだよ。オッケー。

犬たちの毛並みとか落涙とか本当にアニメーションなの?ってぐらい、全体的に作り込んだ虚像
渡辺教授に配達する鮨を調理するシーンを2ヶ月以上かけてるあたり、そのこだわり変態的で好きだよ。

話はそこそこに、まぁ人間のエゴだよなぁ…構図としては分かりやすいので、純粋に映像としてが楽しかったです。
アタリ君、俳句のセンスないのにドヤるのやめて。犬も食わねぇぞ。
犬と人間、あまり変わらない

今年はストップモーションアニメの当たり年かしら。すごく良かったです。
ウェス監督がどれだけ日本を愛してるか、よく伝わってきます。魚を捌くシーンとか、神社の描写とか細かいところまで日本人の繊細な文化を描いてくれてました。

あと犬たちの個性がすごく強い。メインの5匹の犬たちもそれぞれに違いがあって面白かった。個人的にはオラクルというパグちゃんが一番好み。話し聞かずにテレビみてるとこめちゃかわでした。声優ティルダさまだったことに驚き。

終わり方もほっこりしてて安心できます。
Zurich

Zurichの感想・評価

4.0
これは面白かった!
物語の舞台である変な日本は、「わかってて、わざとやってる」のが十二分に伝わってくる。「メガ崎市」の「メガ」の部分が漢字のように見えるデザインなんて、かなり高度なアイデアだし、主人公の少年が話すたどたどしい日本語も、多分わざとだ。テンポも非常によく、歪んだ笑いが随所に散りばめられ、久々に見ごたえのある映画だった。それにしても、アメリカの俳優の声の演技力って、すごいな。
ウェスアンダーソンはイヌ科好きなんかな、Mr.FOXしかり。
映画の中の「それから20年後」で、「昔の人が思い描く未来」っていうのはなるほどでした。
アタリ少年の俳句を映像で見せるあれ、流石です。重要なことはメディアの形をとりつつも結局は口で説明されてるから、読みとくような感が残った。
ノートン様の声、、最高っす…。
アメリカから見た日本と今のアメリカの社会模様をストップモーションの絵でアーティスティックに完成させた作品だなぁと。日本人そうだよな、、笑って描写が散りばめられてるのと同時に、隣の外国人めっちゃ笑ってるのに自分わからない、、みたいな所もあって。文化を相対化して見てる感じで面白いかと。
はるち

はるちの感想・評価

3.6
「命令されたからするんじゃない、おまえがかわいそうだからするんだ」っていうシーンできゅん♡とした。
ヂミー

ヂミーの感想・評価

4.4
愛玩犬はおらずしっかりとして強い犬がたくさん。犬は笑わないけど、クスッとくるジョークを言ってるのがうわあ〜犬っぽいとグッとくる。また、犬も人も涙を流すシーンが多いのが印象的だった。パンフレットほしくなったけどお金がなかった。クールにまとまってる反面字幕もつかないようなボソボソ日本語がすごい日本人ぽい脱力感あってよかったわい。ストップモーションアニメというのが信じがたいので、映像だけで充分すばらだった。強いのにかわいくて人にやり返したりしない、古来からのDNAに刻まれた忠誠心、愛…。
これまで007やチャーリーとチョコレート工場で、子供の頃からクレイジーなJAPANを見せられ、ウルヴァリンのSAMURAIで絶望。そしてベイマックスとか、KUBOとかアニメ界もThe日本を舞台にするようになってからの今回の犬ヶ島。

日本人はもうなれている筈だった、、。

が、しかし!!
ウェスアンダーソンのクセがスゴいんじゃ!!!(観たことのない総合芸術サプライズ特集であった。)