サラリーマン・バトル・ロワイアルの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「サラリーマン・バトル・ロワイアル」に投稿された感想・評価

学生最後の一本。
明日から社会人で忙しくなるだろうけど、映画からは離れたくないなぁと思います。

J・ガン脚本、製作。
J・ギャラガーJr.主演。

封鎖されたオフィスビルを舞台に、80人の社員同士が殺しあう、王道のシチュエーションスリラー作品。
内容自体はいたってB級作品の王道、殺し合いの描写もなかなか激しいので楽しめる。

エレベーターの外側で挟まれて死んだ男の演出が一番痛々しくてかわいそう。そこではなんとか助かった女、生き残りそうな雰囲気を醸し出しておいて5分後には容赦なく殺されるという、この女に限らず、全体的に無情な感じがとてもよかった。

ラストシーンは「B級映画の最後はこうだよね」という、王道中の王道、好きな演出でした。

明日から社会人ということで、こういう社会人が殺しあう作品を選びましたが、本当に今でも社会人になりたくないという気持ちしかありません。
社会人に疲れたら映画を観て心を癒そうと思いました。
セロハンテープ系。

中学生がサラリーマンになっただけのバトルロワイヤル。と言っても殺し合いというより爆破と銃が多過ぎてサッパリしている。やはりもっと素手で戦っていただきたかった。銃は一番つまらんです。

永遠に美しく殺しと顔面薪割りとセロハンテープが凄く良かった。
やはりバトルロワイヤルは戦ってなんぼです。

ありきたりで想定内ながらも普通〜に面白かった!ラストもイイね!そうだろうね!
予想を裏切るような展開があるのでは?
という予想を裏切られたので、
予想を裏切る作品といってもいい。
御Z子

御Z子の感想・評価

2.4
バトロワあるある詰め合わせって感じだった。
一番期待通りだったのは最後のポスターのシーン。
ちひろ

ちひろの感想・評価

2.5
コピー機に顔バーンッてして死に顔がコピーされるとかあったらよかった
たぬき

たぬきの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

どこかで見たことあるような展開が続きます。可もなく不可もないような映画です。

罪のない人は殺せないと説得しながらも、最後次々に殺していく主人公……えぇ…
すぐにパニックになるし…
それに比べてボスの方が魅力あったな。苦しみながらも悩みながらも殺していく。音楽のボリュームを上げろ!のシーンもいいですね。

なんも選択せず先延ばしにした主人公と、苦しみながらも、間違っているかもしれないけど進む選択をしたボス、最後の結末が逆であればいいのにと思ってしまいます笑
“THE BELKO EXPERIMENT”(ベルコの実験)がなんでこんなタイトルに…。
おかげで気付かんかったわ!
たしかにサラリーマンがバトルロイヤル方式で戦ってたけどさぁ。

ものすごいダークホースなんかと思ってた人もあっさり死ぬし、とにかくテンポ良くサクサクと人が死ぬ!
アクションとか敵対関係もわかりやすくて、適度にハラハラドキドキできるストーリーが面白かった〜!
ポスターも音楽も◎!
mm

mmの感想・評価

2.8
タイトル通りバトルロワイヤルの会社版。

さっくりグロいの見たいときに丁度いい。バトルロワイヤルみたいに個々の背景とかは全然描かれてないけど、キャラクターはわかりやすい。でも掘り下げるまでもなくすぐ死ぬ。欲を言えば銃以外の武器とか会社にある道具での殺し方がもっと見たかった。

個人的にはエレベーター上が1番安全な気がした。

なんか神様の言うとおり的な終わり方だったけど続編作る気なのかな?でもジェームズ・ガン忙しいし厳しそうだね。
toshi

toshiの感想・評価

1.2

最初のシチュエーションは楽しかったのだけど、出てくる人間が平均的すぎて前に進まないがすぎる、、。

もはやあれを思い出した。
青少年がただただ大量虐殺されていく映画のエレファント!でもエレファントは間が良くてすごく好き。

伏線回収とかも何もなくただ音楽がガンガンにかかっているなかでみんなが死ぬ

暇つぶしにはよいかもしれない。