ダークレインの作品情報・感想・評価

ダークレイン2015年製作の映画)

Los Parecidos/THE SIMILARS

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:90分

2.8

あらすじ

雨に紛れてヤツらはきた。 その夜、世界中が、未曽有の激しい豪雨に見舞われた。嵐に怯える人間たち。だが、その雨に紛れてやってきた“何か”こそが、真の恐怖だったのだ…。時を同じく、人里離れたバス・ステーションに居合わせた8人の男女が、奇妙な現象に巻き込まれる。1人の女性ローザがウィルスに感染したような症状を見せ、狂っていく。ラジオによると、雨による原因不明の伝染病で外でも混乱が起きているらしい。は…

雨に紛れてヤツらはきた。 その夜、世界中が、未曽有の激しい豪雨に見舞われた。嵐に怯える人間たち。だが、その雨に紛れてやってきた“何か”こそが、真の恐怖だったのだ…。時を同じく、人里離れたバス・ステーションに居合わせた8人の男女が、奇妙な現象に巻き込まれる。1人の女性ローザがウィルスに感染したような症状を見せ、狂っていく。ラジオによると、雨による原因不明の伝染病で外でも混乱が起きているらしい。はたしてこれは単なる伝染病なのか―?世界は終わってしまうのか―?

「ダークレイン」に投稿された感想・評価

吉木

吉木の感想・評価

2.6
個性を無くした同じ顔。
操られ、だからってその顔になるか?笑
ネム

ネムの感想・評価

-
世にも奇妙な物語
standing0

standing0の感想・評価

3.1
独特の作風です。基本的には、モノクロで、かなり好き嫌いが別れそうです。なんと言うか、映画の「シャイニング」や「オーメン」などを(一部分)見ているようなところがあり、もやっとする部分と[あー」と思う、最後ですが、面白いと思いました。
ホラーだと思っていたら違った。途中からちょっと笑いながら観てた(笑)

マンガのくだりで、ほほぅとなったものの、うーんて感じで終わった。
blink228

blink228の感想・評価

2.1
摩訶不思議な髭面パンデミックカオスムービー。

髭面パンデミック?何それ?
と思うでしょう。
私も観てて、このカオスな世界観に置いてけぼりでした。

世界にはいろんな物語を考えるクリエイターがいるんだなぁ。
唯一無二、奇々怪界でした。

面白いとか面白くないじゃない。
変てこ。

※ジャケット詐欺です。ジャケットに映った面々は出て来ません。ほぼ関係もありません。
yujiro06

yujiro06の感想・評価

1.9
うーん。
映画としての奥行きと深さはある。考察すれば、いろいろ気づきはあるが、映画として大前提の「観る側」が楽しめる内容になっていないので、そこまで思考を進めることができなかった。
きつい。
まさに別領域からの刃。

ストレートを待っていたら、変化球が来たとかそういう次元ではなく、野球場に行こうとしたのに、美術館に着いてしまったレベルの事故作。

序盤は完全に駄作臭が漂うも、中盤から何が何やらわからなくなるカオス状態に。

途中から笑えてきました。

評価し辛い本作ですが、色々と衝撃だっただけにこの評価。
監督が生まれた年、そして劇中に何度も名前の出てくる街、トラテロルコでメキシコ国家による大虐殺のあった日が舞台。

要はその事件とその背景にある政治を批判した映画。それ抜きに見てしまうとなかなか意味不明だし面白くないと思う。

強大な力を持った未熟な存在によって世界は弾圧され、それすらも忘れさせられたのだった。
eriee

erieeの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

雨の日のバスステーションで男女8人が足止めされた。

急いで病院に行きたい男。
夫から逃げたい妊婦。
医学生の男。
祈祷師らしき老婆。
病気の子供を連れた女。
切符売りの夫婦。

街中で可笑しな現象が発生。
バスステーションでも次々と顔が髭面の男になるという奇怪な感染が起こり互いに疑い争いが起こる。

ついに4人が死亡し、少年イグナシオの不思議な力によるものだと発覚。
イグナシオはマンガで読んだダークレインの世界を現実に変えてしまった。

個性を無くした人間は皆同じ顔なのだ。
メッセージよりB級映画色が濃い。
人面犬や新生児の髭面、雑誌な女性モデルの顔まで…笑えます。

イグナシオの美しい顔はそのままで良かった。

パッケージに騙された人が多いと思う。
ホラー系かなと思って借りたのに…
>|