ダークレインの作品情報・感想・評価

ダークレイン2015年製作の映画)

Los Parecidos/THE SIMILARS

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:90分

2.8

あらすじ

雨に紛れてヤツらはきた。 その夜、世界中が、未曽有の激しい豪雨に見舞われた。嵐に怯える人間たち。だが、その雨に紛れてやってきた“何か”こそが、真の恐怖だったのだ…。時を同じく、人里離れたバス・ステーションに居合わせた8人の男女が、奇妙な現象に巻き込まれる。1人の女性ローザがウィルスに感染したような症状を見せ、狂っていく。ラジオによると、雨による原因不明の伝染病で外でも混乱が起きているらしい。は…

雨に紛れてヤツらはきた。 その夜、世界中が、未曽有の激しい豪雨に見舞われた。嵐に怯える人間たち。だが、その雨に紛れてやってきた“何か”こそが、真の恐怖だったのだ…。時を同じく、人里離れたバス・ステーションに居合わせた8人の男女が、奇妙な現象に巻き込まれる。1人の女性ローザがウィルスに感染したような症状を見せ、狂っていく。ラジオによると、雨による原因不明の伝染病で外でも混乱が起きているらしい。はたしてこれは単なる伝染病なのか―?世界は終わってしまうのか―?

「ダークレイン」に投稿された感想・評価

爆弾岩

爆弾岩の感想・評価

1.0
マジ髭1000%
lunes

lunesの感想・評価

2.4
『大雨の夜にバスを待っている人たちに次々と不可解な出来事が起こる』

ネタバレ無しでレビューを書こうとするとこの一文で終了してしまうのだが、ある意味ですごい映画である。
まず、ホラーなのかSFなのかすらわからないし、ジャンルの壁は楽々超えてくる。それでいて終わり方もぶっ飛んでいる。

一応全てに伏線があって、きちんと回収されてはいくが『くだらない』と『前衛的』との真っ二つに分かれそうなストーリーである。
(2017/10/15)
「この雨は普通ではない」...そして、この映画も!

突然の豪雨のためバスステーションに閉じ込められた8人の男女。彼らを襲う驚愕のメタモルフォーゼ。
『パラドクス』の監督が放つメキシコ発、密室パンデミック系パニックスリラーの怪作。

とにもかくにも、むさ苦しい(; ・`д・´)

完全に 私めの予想の斜め上を行く、こんな突拍子もないアイデアを思いついた時点で、この監督の勝ち...『パラドクス』に続き2連勝。

至って真面目に作ってるのに、こんな笑えるホラーなかなか無いよ♪

こういう映画はネタバレ禁止なので、とてもレビューしにくい...「それじゃ するなよ!」って話だが。

ネタバレ踏まないようにジャケから突っ込んじゃいますか・・・

~映画史上かつてない、震撼のラスト15分~
得意の殺し文句だが、本当に震撼したのはラストじゃない...途中から笑い過ぎて震撼だらけ♪

~気になる顔の包帯~
こんなシーンは全くないが、これは重要!
包帯の中に、予想の斜め上を行く狂気と恐怖そして笑いが隠されている♪

~92%が高評価~
正直、この数字はマユツバ...(・へ・)ウソダロ!?
かなり頭がおかしい(褒め言葉)人達を選んで聞かなきゃ、この数字は出ない!

そして、間違いなく言える...私めも92%の中に入ります(^_^;)


とりあえず、ヒゲ剃ろうか。
嵐の夜にバスターミナルで起こる、摩訶不思議な事件。
何が原因で、何が起きているのか?ってお話です。

ありきたりなホラー、サスペンス映画に慣れてしまってるのを壊しに来る感じ、好きです。
現在存在している映画のジャンル分けは本当に最終形態ではない。
という事を言っている様に思えました。
コメディ?ホラー?サスペンス?
そんなの自分で決めてくれ的な。

画だけ見てたら、山本英夫の漫画「ホムンクルス」のラストでしたね。

このレビューはネタバレを含みます

やりたいことはなんとなく判るんだけど、もうちょっと凝縮した方が良かった気がする。
待合所での「悪魔めー!!」「俺が何をしたっていうんだ!ほどいてくれ!!」「このままじゃ皆感染するぞ!!」というのが延々と、しかも何度も続いて辛い。

パッケージからして包帯の下は、爛れた顔かそれとも鱗でも生えてるのか?どちらにしても異形な姿なんだろうな、と思っていたらまさかのヒゲ。
なんでやねん!!

最終的にはヒゲ面の妊婦が出産するし。
ごめんなさい、こういう時どういう顔をすればいいかわからないの・・・って、笑えばいいんデスカーーーー!!!!?

ってか、ババアはクソガキを処分しろよ。
なにが「この子は操られてるだけよ!!悪い事してないわ!!」だよ。
最終的に人が何人も死んでるし、無実の罪で大麻学生が逮捕されるんだぞ。

イグナシオの子は顔の演技が秀逸。
本当に憎らしかった(褒め言葉
原題直訳、”似た者同士”

バスケステーション内で繰り広げられるSF風味の不条理劇で、風刺はピリリと効いている。

舞台演劇の映像化なんて考えれば脚本は面白いし、役者の熱演も見応えはある。
映像として秀逸なのはオープニングとエンドロールのみだが、音楽もよろしい。

W杯選手名鑑、エロ本、馬鹿馬鹿しいコラージュ画像群には爆笑。

次作が気になる監督。
YukiSato

YukiSatoの感想・評価

2.0
思ってたのと違かった
SUPERTIGER

SUPERTIGERの感想・評価

3.7
観たぜ(`・∀・´)

朝一番からよ。笑

思ったんやけど、、、

これ、公民館で演劇か芝居をみとる感じやった。笑

ほんで、、、これやったら俺でも映画作れるばい(`・∀・´)!
マジで発想が中学生!笑

バスの待合室しか映らんのに
まぁぁぁ
やかましい、慌ただしい、忙しない、
騒がしい 笑笑

ガキが超ムカつく( *`ω´)


冷静に考えてみたんやけど
こんな顔になっちまった∑(゚Д゚)!!って

もともとそんな顔の人に失礼やろ(・Д・)!



連休は集中して絵を描きます(⌒▽⌒)!
>|