ダークレインの作品情報・感想・評価

ダークレイン2015年製作の映画)

Los Parecidos/THE SIMILARS

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:90分

2.7

あらすじ

雨に紛れてヤツらはきた。 その夜、世界中が、未曽有の激しい豪雨に見舞われた。嵐に怯える人間たち。だが、その雨に紛れてやってきた“何か”こそが、真の恐怖だったのだ…。時を同じく、人里離れたバス・ステーションに居合わせた8人の男女が、奇妙な現象に巻き込まれる。1人の女性ローザがウィルスに感染したような症状を見せ、狂っていく。ラジオによると、雨による原因不明の伝染病で外でも混乱が起きているらしい。は…

雨に紛れてヤツらはきた。 その夜、世界中が、未曽有の激しい豪雨に見舞われた。嵐に怯える人間たち。だが、その雨に紛れてやってきた“何か”こそが、真の恐怖だったのだ…。時を同じく、人里離れたバス・ステーションに居合わせた8人の男女が、奇妙な現象に巻き込まれる。1人の女性ローザがウィルスに感染したような症状を見せ、狂っていく。ラジオによると、雨による原因不明の伝染病で外でも混乱が起きているらしい。はたしてこれは単なる伝染病なのか―?世界は終わってしまうのか―?

「ダークレイン」に投稿された感想・評価

嵐の中、バスステーションに居合わせた8人の男女。
出産に立ち会うために病院へ急ぐ男性。旦那から逃げてきた妊婦。年老いたシャーマン。バスの券売係の男性とその妻。医学生の青年。外食産業を営む女性とその息子。
しかし、外の様子が何かおかしい。なぜか駅から外に出ることはできず、皆は徐々に狂気にとらわれる。
そして、顔を包帯でぐるりと巻いた券売係が、ショットガンを取り出し「悪魔の手先だ!」と髭面の男を糾弾するところから、事態は急展開を迎える。


メキシコ発のホラー映画であるが、冒頭部分から中盤までの雰囲気は中々良かった。
どうやら、テーマとして表現したかったのは「人がアリの顔をすべて同じだと認識するように、人の顔の個人差ももっと『上』の存在から見れば同じようなものである。実際に同じ顔にしてしまえば、次第にそのことを忘れ更なる個性を見出だすようになる」ということらしい。
個性云々のテーマも面白いと思うのだが、その描写の仕方が大雑把でコメディの様になってしまったのが残念だ。雰囲気は上質なホラー、ミステリーなのに台無しにしている。
描写の仕方次第では、もっと良くなりそうな惜しい作品である。
M少佐

M少佐の感想・評価

4.5
 「ウーリーセースッ!」

粗筋は豪雨と供に…⬆

ジャケット詐欺に御注意(笑)
こんなシーンはないし、とにかく裏切られる事は間違いないシチュエーションホラー。
とにかくイライラと状況を取り巻く人々の異常さ。
とある一つの場所に閉じ込められた、人々の苦悩。
それすら最後の核心には、口を開けて盛大なツッコミを入れざるを得ない。
残酷は少ないし、何か形に見える恐怖が在るわけではない。
とにかく不条理、不快と胸糞溢れる作品。

これだけ何を言ってもネタバレになる作品も珍しい。

不謹慎ながら後半、胸糞と供にゲラゲラ笑っていたのを白状します。
ひびk

ひびkの感想・評価

4.0
記録
2018年140作目
suuuuuu

suuuuuuの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

世にも奇妙な物語系の話。
イグナシオ、怖い!
でもイグナシオが一番これから生きてくのしんどいかも。
ヒゲのおっさんがたくさん。
この顔を基本に選んだ理由を知りたいな。
昔の映画風の映像、ナレーション、エンディング。
パッケージで怖そうだと思って借りたは良いものの、開始5分で見る気が失せてしまった。
ホラーを求めている人には向きません。
変な映画
レビューに平気でネタバレ載せてる人ばっかだから読まないで見た方がいい
カメラワークが面白い作品です。エンドロールもオシャレで一見の価値あり。

内容は…
とにかくネタバレ・先入観なしで見るのが◎ 私は想像していたものとは、まるで違う方向へ行きました。

昔読んだ絵本の断片をふと思い出してざわざわする、そんな不思議な感覚のするテーマ(?)が心に残ります。
>|