エンド・オブ・トンネルの作品情報・感想・評価

エンド・オブ・トンネル2016年製作の映画)

Al final del túnel/At the end of the tunnel

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:120分

3.5

あらすじ

完璧な現金強奪計画。最大の武器は“動かない下半身(からだ)”。 事故で妻と娘を失い、車椅子生活となったホアキン。自宅に引きこもり孤独に暮らしていたが、徐々に金も底をつき、家の2階を貸し出すことに。そうして住み始めたのは、ストリッパーのベルタとその娘。2人に妻子の姿を重ねたホアキンは、徐々に明るさを取り戻してゆくが、ある日地下室で奇妙な音を耳にする。それは地下にトンネルを掘り、そこから銀行に押し…

完璧な現金強奪計画。最大の武器は“動かない下半身(からだ)”。 事故で妻と娘を失い、車椅子生活となったホアキン。自宅に引きこもり孤独に暮らしていたが、徐々に金も底をつき、家の2階を貸し出すことに。そうして住み始めたのは、ストリッパーのベルタとその娘。2人に妻子の姿を重ねたホアキンは、徐々に明るさを取り戻してゆくが、ある日地下室で奇妙な音を耳にする。それは地下にトンネルを掘り、そこから銀行に押し入ろうと企む犯罪者たちの声だった。面白半分で、彼らの動向を監視し始めたホアキンだったが、やがてベルタが彼らの協力者だと知ってしまう。ホアキンはベルタ母娘を泥沼から救うため、そして自分の人生を変えるため、不自由な身体を逆手に取って、悪党どもから現金を奪おうと思いたつ。

「エンド・オブ・トンネル」に投稿された感想・評価

尾木

尾木の感想・評価

3.0
ツッコミどころはあったけど、スリラーとしては楽しめました。

同じ強盗物でもパニックルームより面白い。
Zzz

Zzzの感想・評価

3.6
最後犬どうなった。
車椅子の主人公が無双状態で「オラオラオラァァアアーーーー!!!!!」って悪者を倒しまくるアクション映画だと思ってたので、めちゃめちゃ良い意味で裏切られてノックアウトされた。
ハリウッド的な作品だと思って申し訳ございませんでしたー!
一般人感がたっぷりある主人公を思わず応援。
ハリウッド映画の主人公のように無敵じゃないなら、頭を動かせ!って感じで最後に生死を分けたのは頭の機転だったのね。(運も重要!)
ハラハラドキドキするサスペンス。
ラスト15分くらいはハラハラしすぎて胃がキリキリ。
地味にまとまってるんだけど、そこが面白い!
主人公の孤独な生活にもピリオドが打てたんだろうなっていうラストも好き。

主役は人生スイッチに出てた俳優だったけど、強盗グループの中に壮絶なカーチェイスと喧嘩を繰り広げた男性もいて「あー!!この2人が再び出会っちゃったー!あちゃー!」って勝手にドキドキしてしまった…。
筋金入りの銀行強盗一味がモグラ作戦により、大金を強奪しようと企む。でも、足の不自由なオタクヤローが黙っちゃいない。おこぼれ頂戴作戦で大金持ちだっ!

親分、水が出てきたでやんすよ、溺れるーっ!
こわかった!
この手の映画はハッピーエンドが大好きな私にとっては怖さでしかない。

しあわせってなんだろう。人を殺してしまってもしあわせにはなれるんだろうか。

女と運次第。


最後の心理戦?はとてもよかった。上手。
南米の映画はヒロインが非常にセクシーでいいっすね。

見どころはいろいろある。
車椅子の主人公がなんであんなに強気なのかが謎かな。
あらすじ読んで気になりレンタル。
パッケージから勝手に想像していた感じとは違い、結構いっぱいいっぱいな主人公。
なぜ車椅子設定にしたのか良くわからないし、ツッコミ所も多々あるけれど、話自体は途中ダレたりせずハラハラできた…かな。。
最後の方にレザボア・ドッグス感有り。
Hook

Hookの感想・評価

2.8
暗い画面の雰囲気は良かった。パソコンの画面から現実につなぐ編集とかはなかなか良かった。つっこみどころはたくさんあるけど雰囲気と勢いでその辺は何とかなってるような感じでまあ楽しめた。
>|