エンド・オブ・トンネルの作品情報・感想・評価

エンド・オブ・トンネル2016年製作の映画)

Al final del túnel/At the end of the tunnel

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:120分

3.5

あらすじ

完璧な現金強奪計画。最大の武器は“動かない下半身(からだ)”。 事故で妻と娘を失い、車椅子生活となったホアキン。自宅に引きこもり孤独に暮らしていたが、徐々に金も底をつき、家の2階を貸し出すことに。そうして住み始めたのは、ストリッパーのベルタとその娘。2人に妻子の姿を重ねたホアキンは、徐々に明るさを取り戻してゆくが、ある日地下室で奇妙な音を耳にする。それは地下にトンネルを掘り、そこから銀行に押し…

完璧な現金強奪計画。最大の武器は“動かない下半身(からだ)”。 事故で妻と娘を失い、車椅子生活となったホアキン。自宅に引きこもり孤独に暮らしていたが、徐々に金も底をつき、家の2階を貸し出すことに。そうして住み始めたのは、ストリッパーのベルタとその娘。2人に妻子の姿を重ねたホアキンは、徐々に明るさを取り戻してゆくが、ある日地下室で奇妙な音を耳にする。それは地下にトンネルを掘り、そこから銀行に押し入ろうと企む犯罪者たちの声だった。面白半分で、彼らの動向を監視し始めたホアキンだったが、やがてベルタが彼らの協力者だと知ってしまう。ホアキンはベルタ母娘を泥沼から救うため、そして自分の人生を変えるため、不自由な身体を逆手に取って、悪党どもから現金を奪おうと思いたつ。

「エンド・オブ・トンネル」に投稿された感想・評価

アイコ

アイコの感想・評価

2.8
設定が新しくて面白いのにいまいち活かしきれてなくて残念。

登場人物の親娘が揃ってバカな上に心の動きが理解しづらいから共感しにくい。
キャッチコピーに惹かれて観たのに
『動かない下半身が最大の武器』って思っきしただのハンデにしかなってないし
トンネル掘り終えるまでがグダグダし過ぎてダルいし
そこまでして出会ったばっかりの親娘を救いたいと思う気持ちを起こされる何かがさっぱり描かれてないし
伏線の回収も無理矢理感が否めないし
とにかく全てがビミョーな作品。
MA

MAの感想・評価

3.1
う~ん。雑すぎる。
ストリッパーなのに仕事に行かないし。
薬打たれて惚れるかな?
お菓子食べるのもちょっと不自然。
dango

dangoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりにハラハラドキドキ面白い映画を見た。
想像つかない展開にびっくり。
前置きが長かったけど最後は綺麗に回収。
あの3人が上手くいくなんてかなり強引だけど(もはや脅しっぽく見える) 手を繋ぐ映像だけで幸せな家庭感を出してる感じがうまくまとめれてたと思う、かなり強引だけど。
主人公のバックグラウンドありきの話にしても序盤の前置きが嘘みたいに長くて面白くなったころに終わる。
イワシ

イワシの感想・評価

4.2
面白かった!『裏窓』と『穴』を組み合わせたかのような見事なサスペンス。地下室で強盗がトンネルを掘る音を耳にした車椅子の主人公がその金を横取りしようとする物語だが、サスペンスを成立させるショット(微かに空いた金庫や背後に現れる子供等)もあるのが興奮する。

主要な空間はもちろん地下=トンネルになるのだが、映画が進行する合間に空(天気)を映したショットを挟んでくるのが上手い。序盤での屋上での誕生祝いの席から見える遠雷、子供も見上げる花火、荒れ狂う大雨、そして解放的な陽光に包まれたラストショット。
K

Kの感想・評価

4.1
B級映画にしては面白かったです。
設定が凄いですね

主人公は車椅子使用していますが大胆でカッコイイっす( ^∀^)
銀行強盗の金の一部横取りを企画するとはね(笑)
Yumi

Yumiの感想・評価

3.0
よかったと思える所もある
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

3.0
美人なクララ・ラゴに。
>|