エンド・オブ・トンネルの作品情報・感想・評価

エンド・オブ・トンネル2016年製作の映画)

Al final del túnel/At the end of the tunnel

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:120分

3.5

あらすじ

完璧な現金強奪計画。最大の武器は“動かない下半身(からだ)”。 事故で妻と娘を失い、車椅子生活となったホアキン。自宅に引きこもり孤独に暮らしていたが、徐々に金も底をつき、家の2階を貸し出すことに。そうして住み始めたのは、ストリッパーのベルタとその娘。2人に妻子の姿を重ねたホアキンは、徐々に明るさを取り戻してゆくが、ある日地下室で奇妙な音を耳にする。それは地下にトンネルを掘り、そこから銀行に押し…

完璧な現金強奪計画。最大の武器は“動かない下半身(からだ)”。 事故で妻と娘を失い、車椅子生活となったホアキン。自宅に引きこもり孤独に暮らしていたが、徐々に金も底をつき、家の2階を貸し出すことに。そうして住み始めたのは、ストリッパーのベルタとその娘。2人に妻子の姿を重ねたホアキンは、徐々に明るさを取り戻してゆくが、ある日地下室で奇妙な音を耳にする。それは地下にトンネルを掘り、そこから銀行に押し入ろうと企む犯罪者たちの声だった。面白半分で、彼らの動向を監視し始めたホアキンだったが、やがてベルタが彼らの協力者だと知ってしまう。ホアキンはベルタ母娘を泥沼から救うため、そして自分の人生を変えるため、不自由な身体を逆手に取って、悪党どもから現金を奪おうと思いたつ。

「エンド・オブ・トンネル」に投稿された感想・評価

シンプルな分かりやすいストーリー。
強盗計画、盗聴と一部横取り計画、心理戦、スリリングでとっても楽しめた!
ASD

ASDの感想・評価

5.0
ノーラン100人分のおもろさ。
ヤバイ
母娘の登場シーン、びしょ濡れの太ももで確信。
オチがしっかりあって楽しめた。

ダンスするシーンが最高に興奮した。
ツッコミどころはあるが伏線の使い方が見事!ラストの手をつないでるシーンもなかなか!クッキーをポケットに入れたのはなぜ?
設定や筋書きは面白い。
主演俳優も良い。

一番の問題は演出だなー。
撮影と編集がセンスない。

ハラハラ感が全然伝わらないし、主人公が履歴不明のヘタレの変態にしか見えないときが多々ある。

車イス:コリンファレルあたり
母親:ナタリーポートマン
(ダンサー設定とか不要)
作風:ハルストレムを消化した後のヴィルヌーヴ
でリメイク希望!(?)
事故で妻と子供を失い、車椅子での生活になった!そこに二階の部分を娘がいるベルタという女性に貸すことになる!
最初はあまり関係もたない状態だったが
徐々に関係がよくなっていくなか
ベルタには別の男がいた!
その男はかなりの性格悪く、犯罪者のグループの一員でもあった!

銀行強盗をするつもりだったが〜
最後はすごい展開に!!

少しハラハラする部分もあった!!
rurika

rurikaの感想・評価

3.5
疑問でしかない点はいくつかあったけど、伏線張ってる系は好きなので面白かった
>|