エンド・オブ・トンネル(2016年製作の映画)

Al final del túnel/At the end of the tunnel

上映日:2017年01月28日

製作国:
  • アルゼンチン
  • スペイン
  • / 上映時間:120分
    監督
    ロドリゴ・グランデ
    脚本
    ロドリゴ・グランデ
    キャスト
    レオナルド・スバラーリャ
    パブロ・エチャリ
    クララ・ラゴ
    フェデリコ・ルッピ
    あらすじ
    完璧な現金強奪計画。最大の武器は“動かない下半身(からだ)”。 事故で妻と娘を失い、車椅子生活となったホアキン。自宅に引きこもり孤独に暮らしていたが、徐々に金も底をつき、家の2階を貸し出すことに。そうして住み始めたのは、ストリッパーのベルタとその娘。2人に妻子の姿を重ねたホアキンは、徐々に明るさを取り戻してゆくが、ある日地下室で奇妙な音を耳にする。それは地下にトンネルを掘り、そこから銀行に押し入ろうと企む犯罪者たちの声だった。面白半分で、彼らの動向を監視し始めたホアキンだったが、やがてベルタが彼らの協力者だと知ってしまう。ホアキンはベルタ母娘を泥沼から救うため、そして自分の人生を変えるため、不自由な身体を逆手に取って、悪党どもから現金を奪おうと思いたつ。

    「エンド・オブ・トンネル」に投稿された感想・評価

    低予算B級サイコスリラー。



    事故で妻子を失い、自身も車椅子生活となったホアキンは、子連れの美女ベルタに家の2階部分を貸し出す。

    彼女らと暮らすうちに、ホアキンはベルタとその娘を自分の妻子と重ねていく。

    ある日、地下鉄でトルネルを掘る作業音と話し声を耳にする。

    やがて、そのトンネルは犯罪者たちが銀行に押し入るためのもので、その首謀者とベルタが繋がっていることがわかったホアキンは…。



    ホアキンの行動力が異常。そこまでやるかね普通。

    ベルタがストリッパーなのに夜働きに行かなかったり、キャッチコピーの「最大の武器」である下半身は最後まで武器にならなかったり、意味不明な部分が多かった。
    このスペイン映画最高です!二時間無駄なくハラハラドキドキの傑作サスペンスです!
    オススメします!
    良作なサスペンス。

    脚本に派手さはないが骨太なストーリー。

    様々なフラグを残すことなく回収。

    地下室の穴を警察に見られたらどう言い訳するのかが気になる。

    あと、ヒロインが主人公に惹かれる気持ちの動きがよく分からなかった。
    残酷で暗い。
    すっきりしない。
    そんな傑作!ってほどではないけど普通に面白いサスペンス映画でした。あからさまな伏線だらけだけどちゃんと回収してくれるし。クッキーの回収はちょっと無理矢理でしたが笑
    序盤で象徴的に持っていたタバコのシーン。最後に同じ構図で全く違うもの持っていたのがグッときますね。
    ラストの三つ巴は「レザボアドッグス」を彷彿とさせます。

    ただ悪役やヒロインのキャラが少し薄いかなとも思いました。
    最初から最後まで、飽きがくる事なく楽しめた!

    主人公の男の人、ジョージクルーニーに似ててカッコよかった(^-^)
    知的な人好き( ^ω^ )❤️

    途中で一瞬『ドント・ブリーズ』思い出したけど、そこまでの迫力と緊迫感は無かったかな。
    FumiTiger
    3.0
    結局、主人公の目的は何?金だったの?え??
    金じゃないの?あんま盗めてないし、、、
    って目的が一番なぞだったーーーー

    女はヒステリックかつ話がつうじないし
    ちょっとイライラ。

    でも最後色々うまーく繋がりすぎでしょ的なね。
    あるいみスッキリー!みたいなね。
    cobuta12g
    3.5
    地味だけど面白い。
    主人公の頭の良さ。
    地味に面白い。こういう低いテンションのハラハラ感、なんか久しぶり。
    全くの無情報で見たから、ストーリー展開が全然読めなくて、面白かった。
    今までにないパターンのサスペンス映画だった。
    『ヒドゥン・フェイス』もそうだが、ヨーロッパのサスペンス映画は一味ちがうな。
    >|