夜明けの祈りの作品情報・感想・評価

夜明けの祈り2016年製作の映画)

Les innocentes/Innocent

上映日:2017年08月05日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動を行う若きフランス人女医マチルドのもとに、悲痛な面持ちで助けを求めるシスターがやってくる。修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しむ7人の修道女だった。そこにある命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、孤立した彼女たちの唯一の希望となってい…

1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動を行う若きフランス人女医マチルドのもとに、悲痛な面持ちで助けを求めるシスターがやってくる。修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しむ7人の修道女だった。そこにある命を救う使命感に駆られたマチルドは、幾多の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、孤立した彼女たちの唯一の希望となっていく……。

「夜明けの祈り」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.9
ポーランド人だから診れないとか、フランス人だからとか、戦争ってどこを取っても非道い

子どもには罪はないのに、シスターの判断は如何なものか?
赤ちゃんにとっても、母親にとっても酷すぎるし、神に仕える人が選んだ道がそれ!?、戦時中だからそうさせたのか、、と思うとまた辛い。

マチルドは信念を貫き、危険も顧みず、精一杯がんばって、最後まで機転も利くし、素晴らしい女性
最後で報われる気がする
神があなたを導いてくれました…マリアの誠実さと信仰や愛が素晴らしい。そしてマチルダの医師としての誠実さも。
院長もみんなを思ってのことなんだろうけど、してはいけないことだった。相談できないプライドってやっかいなもの、そして孤独。そんな人になってはいけない。
神さま云々ではなく誠実と愛、希望。
QOL

QOLの感想・評価

-
信仰とは24時間の疑問と1分間の希望
修道女は宗教を信じて幸せなんですか?ルールに縛られて自由を奪われて不幸に見えます。ルールは人間が決めたこと。神様はなにも禁止していない。
なんてね
おね

おねの感想・評価

-
マチルダの眼差しが美しい。
信仰を題材にした作品を観ていつも思うのは、人を救うのは人なんだということ。
信仰は救われなかった人を思う心のためにあるのだろうか。
SUMIRE

SUMIREの感想・評価

3.6
これが実話かと思うと恐ろしい。
そして、信仰とは難しい。
こんなの神様の思し召しでも何でもない!!
神様こんなこと
望んでないと思うのだけど。
scarface

scarfaceの感想・評価

3.5
よくぞ映画に!記憶にしっかりと残したい映画です。
>|