mimitakoyaki

LUCK-KEY/ラッキーのmimitakoyakiのレビュー・感想・評価

LUCK-KEY/ラッキー(2016年製作の映画)
4.0
公開してる時はちょっと気になりながらもパスした作品でしたが、「タクシー運転手」がとても良くて、ユ・ヘジンが見たくなり、主役を演じているこの作品にしました。
「鍵泥棒のメソッド」の韓国版リメイクということですが、鍵泥棒…の方は見ておりません。

凄腕の殺し屋が銭湯で足を滑らせ頭を打ち記憶喪失に。
殺し屋が倒れてる間に銭湯のロッカーの鍵を入れ替え、売れない貧乏俳優が殺し屋とは知らずになりすまし、二人が入れ替わることからの騒動を描いたコメディです。

やっぱりユ・ヘジンの顔面力がいいんですよねー。
殺し屋としての記憶を失い、自分が誰かもわからないまま、殺し屋として生きてきて体に染み付いた素早い包丁さばきやキレッキレの武術を活かし、殺し屋とは全く違う分野でどんどん活躍していったり、まじめで几帳面で努力家で礼儀正しいという実直さが、殺し屋とのギャップがあるのも面白くて、中学生の息子と何回もゲラゲラ笑わされました。

タイトルの「ラッキー」は「LUCK-KEY」となってて、まさしく鍵を入れ替えたことから、2人の運命がガラリと変わり、これまでとは正反対の全く違う人生を生きる事で、新しい出会いや新しい生活を手に入れ、それが自分の生き直しとなり、新たな自分に変わるというのが良かったです。

冷酷非道な殺し屋から実直な中年男、さらにはアクション俳優へと振り幅の大きさをコミカルに演じたユ・ヘジンがさすがですし、魅力が全開でした!
「コンフィデンシャル 共助」でもうだつの上がらない刑事でありながらもキレのあるアクションを繰り出し、不思議とカッコよく見えてきたのですが、今作でも面白さと格好良さの両面を見せてくれ、ユ・ヘジン独特の味わいがクセになりそうです。

あ、韓国の人が丸亀製麺できつねうどん食べてるのも新鮮だったな。

40