LUCK-KEY/ラッキーの作品情報・感想・評価

「LUCK-KEY/ラッキー」に投稿された感想・評価

Tom

Tomの感想・評価

3.8
最後の終わり方が良かった!
ユ・ヘジンの演技が最高!
megu

meguの感想・評価

3.8
記録用
KAORInn

KAORInnの感想・評価

3.5
前提として、別に大どんでん返しみたいなのはないです。

しかし、シリアス映画小説やら(ごめんなさい、本音は仕事かも)に疲れ切っていた私には抜群にタイミングの良い娯楽でした!

最近では本当によくあるパターン。
記憶喪失ってのも便利なツールに使われるご時世です。

が、この映画は記憶喪失の使い方もベタなくせに役者さんが半端なく上手い!!
殺し屋以降のストーリーが幸せ感満載で別の意味で疲れた笑

これはもう一度観ても良いかなぁーと、思えます。

そもそも、役者さんが有名どころばっかやけどもさ。
ジーハ

ジーハの感想・評価

3.6
裏社会で…
「成功率100%のパーフェクトな殺し屋」
として知られる伝説の男・ヒョヌク…
(↑↑ユ・ヘジン)

ユ・ヘジン★★★ストラーーーーーイクっ!!!
と大声出して言いたい(笑)
彼がとにかくカッコいい!
え?何がって??!!表情、台詞、仕草!全てがカッコいいんですよ!(見た目以外なんですけど…ね笑)観たらわかります!(笑)

もちろん爆笑もあります。
でも、全編薄い笑いが常にあって、いつでも爆笑できる準備ができてしまっていて、良い意味でずっと最後まで半笑状態で鑑賞。しかもヒョヌク以外は全員ポンコツという設定も笑いのツボでもありました(笑)

アンバランスさが作りだす絶妙なバランスといいましょうか。そして恋愛ものとしても、きっちりキュンとさせてくれるんですよ。これ、けっこう想定外…(笑)

後味がとっても良い感じの良作でした。
ぜひ友達、家族、恋人〜1人より誰かと一緒に観ることをお薦めします★

オリジナル版の日本作品「鍵泥棒のメソッド」も観ましたが、これはまたしっかり面白いです!特に俳優陣の仕事ぶりが完璧。これもぜひぜひお薦めしたい。
ねぎお

ねぎおの感想・評価

3.9
ずっとね、映画館でかかっていた頃から観よう観ようと思いつつ、なんでかここまで引っ張ってしまいました。
「鍵泥棒のメソッド」は大好きな映画で、「韓国リメイクならすっごい楽しみ!!」だったけど不安もね。

結果から言うと満足!!
ちょっと総合点だと日本を上回ったかも!



《以下は内容に触れるのでお気を付けください》






大筋同じようなのですけれど、家で言えば外からの見た目は似てるんですけど、2×4と日本家屋くらい違うって言うか、だから柱が違うんですよ。

日本って<主役>って堺雅人さんでしょ。ほぼダブルでも。
韓国の<主役>は香川照之さんのところのユ・ヘジンさんなわけですよ。
堺さんの役はイ・ジユンさんなんですが堺さんと比べちゃうとね、可哀想なんですが若い!!まだ浅漬け!でも演出サイドが二番手に置いてるから問題なし。

韓国版の軸はユ・ヘジンさんと救急隊員として出会うチョ・ユニさんとの恋物語、そして役者として開花していく様は日本より派手!で、この成功物語。

ホント、なるほどなあって思いました。
「鍵泥棒」って完成してるじゃないですか、それをリメイクって入れ替えただけかな?って想像していましたが、変えてきましたよ。
そもそもお話って恋愛は欠かせないし多いじゃないですか、「鍵泥棒」はそこを避けているから独特ですよね。だから韓国版はオーソドックスな路線に寄ってはいます。
しかし記憶喪失で入れ替わり、それが殺し屋としがない俳優という設定でも十分面白い!
ユ・ヘジンさんが俳優として監督にうけて出世していくところにエッジを効かせているからおかしいおかしい!最近だと「タクシー運転手」の光州のタクシー運転手を演じたユ・ヘジンさん。泣かせることもなんでも出来ちゃう!それこそ下手なフリも!このうまくいかない様子が上手いんだなあ。この役者パートがうまくいくのも当たり前か。

そしてイ・ジユンさんの実家のお店を手伝うんですけど、この韓国オリジナルパートも笑えるんです。そしてこの役者パートと実家設定に伏線を忍ばせてあるから、大きく変えてきたラストが生きるんですよね。ともすると恥ずかしくなるような遊園地でのふたりのアップショット×2も、カッコよくないおっさん、ユ・ヘジンさんだから泣けちゃう!
KK

KKの感想・評価

5.0
韓国映画といえばノワール映画のイメージ強かったけど、コメディもおもしれえ…
割とこっちのほうが好きかも
ゆるゆるの設定だけど面白い。
NaoaN

NaoaNの感想・評価

3.7
見やすくて良い。
>|