8さん

探偵はBARにいる3の8さんのレビュー・感想・評価

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)
3.9

アジア最北の歓楽街北海道札幌市「すすきの」のBAR「ケラーオオハタ」に入り浸る私立探偵と助手が事件の真相を追っていく姿を描いたシリーズ第3弾。

「恋人の麗子が失踪した」。高田の後輩からのありふれた依頼を安易に引き受けた探偵。早速調査に乗り出すと、探偵は麗子がアルバイトをしていたモデル事務所のオーナー・マリと出会い、かすかな既視感を覚える。しかし周囲を嗅ぎまわる探偵はマリの手下に襲われ、これまで無敗を誇った高田も倒されてしまう。次第に麗子の失踪の陰に、裏社会で暗躍する札幌経済界のホープ・北城グループの殺人事件が見え隠れするのだった…


『命を燃やすものは、あるか?』


お帰りなさい。またあの2人の登場です。でも今作はちょっぴり全体的な雰囲気が違います。同じキャストのシリーズですが、脚本が小説での出版には無く映画の為に製作されたオリジナルだから。それだけではなく今作は初回・続編の監督とは違うので、2作までに見ていた彼等や札幌の街並みの見え方が違うのです。それにしても毎回思うのですが、ここまで性格の違う2人が右往左往しながらも、息の合った相性抜群な絡みを見ていると和むんですよね。皮肉な話にコメディ要素をプラスし、演者としての特性を活かしたマッチングこそが続編製作に繋がっているのかもしれません。

感情豊かで人情味に溢れたちょっぴりダサくて、でも魅力的な探偵シリーズは北国の雪にも負けない温もりのある物語でした。

あなたにとって命を燃やすものはありますか?