探偵はBARにいる3の作品情報・感想・評価

探偵はBARにいる32017年製作の映画)

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

「恋人の麗子を探してくれませんか?」。高田の後輩のありふれた依頼を引き受けた探偵は、麗子の所属するモデル事務所のオーナー・マリに遭遇、微かな既視感を覚える。その直後、探偵はマリの手下に襲われ、これまで無敗を誇った高田も倒される。だが調査を進めるうちに、モデル事務所は売春組織であり、麗子らしき人物が殺人事件に関わっていた情報をつかむ。背後に浮上する北城グループ。代表の北城はススキノ裏社界では“最悪…

「恋人の麗子を探してくれませんか?」。高田の後輩のありふれた依頼を引き受けた探偵は、麗子の所属するモデル事務所のオーナー・マリに遭遇、微かな既視感を覚える。その直後、探偵はマリの手下に襲われ、これまで無敗を誇った高田も倒される。だが調査を進めるうちに、モデル事務所は売春組織であり、麗子らしき人物が殺人事件に関わっていた情報をつかむ。背後に浮上する北城グループ。代表の北城はススキノ裏社界では“最悪のサディスト”と云われる男。マリは北城の情婦だった!探偵は不意に思い出す――生きる希望を失い、雪の中で倒れていた女――「あれか、あれがマリだったのか…?」 巨額の薬物取引、2つの殺人事件、緊張が走る裏社会――敵か味方か? マリに翻弄される探偵。 やがてマリは探偵に最初で最後の依頼をする――同時に、探偵と高田、別れへのカウントダウンが始まるのだった――。

「探偵はBARにいる3」に投稿された感想・評価

YUCHI

YUCHIの感想・評価

3.8
非常にバランス良く万人受けする作品。
良くできてると言うのが一番合う感じ。
キャストもぴったりでありふれた感想だが面白いがしっくりくるかな。
とりあえず何か観ようってことなら是非オススメです。
koji

kojiの感想・評価

3.9
北海道民にとってはとにかく支持したい映画です‼️
おかゆ

おかゆの感想・評価

2.6
安定感がある映画
AmigoII

AmigoIIの感想・評価

3.5
このシリーズの中で一番良かった。
リリ

リリの感想・評価

3.9
すごい迫力だった。
洋ちゃんらしいおもしろさも、龍平くんらしいかっこよさも、とってもよかった。
シリーズ観てなくて、初めて3を観たけど楽しめました。
高田の足技に惚れ惚れ。
探偵も好きやけど、とにかく高田!!!!
バイプレイヤーズ陣も好き。
ハラハラして笑いもあって最後には涙。
SHIN

SHINの感想・評価

3.9
一気に評価高くなっちゃったよぉー。
あとでしっかり書きます。^ ^
destiny

destinyの感想・評価

4.0
間違いなく
安定の面白さ

大泉さんと松田龍平さんだからこその
味のある仕上がり

アクションは過去最大?では?笑

今回は北川景子さんがヒロイン
物悲しい感じもあり
また、1.2観返したくなりました
Takano

Takanoの感想・評価

-
冬の札幌を縦横無尽にかけめぐる探偵と助手への猛烈な憧れを持っている。銀世界と成り果てた路地裏でのアクションシーン、ダイナミックな自然、華やかなネオンと真っ白な景色に隠れているすすきのの混沌さを肌で味わいたい。ニッカウヰスキーのネオンの前で自撮りしたい。

この『探偵はBARにいる』も第3弾となった。徐々に主人公を演じる我らが大泉洋から漂う哀愁が完熟を迎えているのではないか。顔の皺もあのころ(=元気くん)からとっても増えたよな。しかし、守りに入らないアクション。もしかしたら過去最大級に体を張った演技にニヤニヤが止まらない。

もう、大泉洋演じる探偵がひたすらに負け続けるわけだ。ふとした依頼がきっかけで明らかになる闇の正体。真実に近づくほど、何回も地雷を踏み、えげつないお仕置きを受ける。パンイチで冬の漁船なんていかにも北海道らしいお仕置きだ。雪埋め、拘束されたまま大倉山ジャンプ台など、この北海道の地の利を生かしたお仕置きもこのシリーズの見逃せないポイントだ。そのうち新巻き鮭でぶん殴られたり、ヒグマでガッサーいかれてしまうのではないだろうか。殴られ、蹴られ、騙されて、傷だらけになりながらもゴールへ向かう探偵の執念に魅せられる。傷だらけになりながらゴールへ向かうのは大泉洋の専売特許である。なんとなくその部分をリンクさせながら観ていた。

度重なる困難をくぐり抜けて最後の最後にたどり着く答えは、スカッとしない。スカッとしてたまるものか。前2作では「女の復讐」がひとつのポイントだったが、今回もヒロイン役の北川景子が鍵を握る存在となる。闇の中に有り続ける信念の炎は冷たく、強い。
sonic

sonicの感想・評価

3.4
ペア席に座ってみました。笑いあり、感動ありの映画。北川景子・・・。自分の子ですらないのかよ・・・。
>|