あの日、兄貴が灯した光の作品情報・感想・評価

あの日、兄貴が灯した光2016年製作の映画)

형/Hyung/MY ANNOYING BROTHER/兄貴

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:110分

3.9

あらすじ

「あの日、兄貴が灯した光」に投稿された感想・評価

びび

びびの感想・評価

3.1
ザ・泣けるストーリー

エンディングに名曲持ってきたところで泣きました。
えみ

えみの感想・評価

4.4
2回目の鑑賞でしたが
泣かせに来てるの分かってるのに
涙が止まりませんでした。

俳優さんたちの演技が素晴らしいです。

大切な人との時間は永遠じゃない
今以上にもっと大切にしようと
気付かせてくれる、そんな映画です。
Y

Yの感想・評価

5.0
柔道国家代表であった弟は試合中の事故で視力をなくしてしまう。生きる気力をなくしていた弟の元に、詐欺師で別々に暮らしていた兄が転がり込んでくる。過去の憎しみから互いにぶつかり合う二人だったが、暮らしていくうち次第に情が湧きはじめる。さらに弟は再び柔道で世界を目指す決意をし兄は視力を失った弟のために奮闘する。しかし希望に満ち溢れている二人に残酷な運命が待ち受けていた…。

初めは兄の破天荒なペースに合わせてコメディ調で進んでいくものの物語が進んでいくにつれスローペース、一つ一つの場面に重みが感じられる。何度見ても泣きます。
anya

anyaの感想・評価

4.0
チョ ジョンソクに泣かされた(笑)

でだしのやんちゃな感じから良いお兄ちゃんに変わるところは圧巻‼️
Momoko

Momokoの感想・評価

5.0
わたしの推し韓国アイドル、ギョンス様主演なので5で!!!!、!!!
内容はあっさりスピーディでコスパ良く泣かせようとしてくる感じの潔い韓国らしさ(笑)でもギャクセン高くてかなり笑った記憶がある
柔道選手として活躍していた主人公が、ある日の試合の怪我により失明してしまう。
ショックと絶望で柔道から離れ引きこもり生活を送る主人公の前に、家族を捨てた刑務所帰りの兄が現れる。最初は反発しいがみ合う2人だったが、様々な経験を通しお互い変わっていく。

この先も困難はあるだろうし、幸せは永遠ではないかもしれない。でもその中で今、私が出来うる限りの事をしたい。何かに夢中になって、大切な人と駆け抜けたい。
映画を見終わったあとの感情は上手く整理できなかったけれど、心がぽかぽか温まってこんなクサイことを考えました。また観たい。
じえり

じえりの感想・評価

3.1
チョジョンソク
トギョンス
ホロリとさせやがる…
Kate

Kateの感想・評価

3.7
頭出しから察せるストーリー。お兄ちゃん改心する余地ありすぎだもん笑
走れ!!っていうシーンは今まで見たことなかった。もう一回やり直すにしても当たり前に出来てたことが出来なくなるってこういうことなんだって。
>|