gyaro311

三度目の殺人のgyaro311のレビュー・感想・評価

三度目の殺人(2017年製作の映画)
4.6
誰を裁くのかは、誰が決めるのか?

この映画の最大のテーマであり、
その答えは、怖いものだ。
考えれば考えるほど、人ごとではなく、
怖いものだ。
人は本当に人を裁く資格を持ち得るのだろうか?

役所広司さんは「器」のような役者さんだ。
自らを滅することで、誰にでもなる。
今回は「三隅」という一人の人物の中に、
殺人鬼と、聖人、そしてただの凡人という
三人の人物を同居させることに成功している。
心の片隅から、
それぞれの側面が浮かび上がってくるような
素晴らしい演技だ。

そして監督はもう一つ、仕掛けていたのでは。
それは、答えは一つということだ。

事実だけを積み上げたらどうなるか。
事実だけを求めて矛盾を解けば
行き着く所は一つなのでは。
物証が示す事実だけを見つめ、
行動の合理性から外れる供述を省き、
人を殺めるだけの動機はなかなか無いという
原則に立ち戻るだけだ。

でも、それは難しいのだ。
大小様々な人の思惑は、
事実をどんどんどんどん曇らせていくのだ。

人間というはっきりしないもの。
割り切れないものを、
真正面から描いた名作かと!