のもと

三度目の殺人ののもとのレビュー・感想・評価

三度目の殺人(2017年製作の映画)
4.1
誰が殺したのか。真実は何か。誰を信じるのか。誰を裁くのか。真実は最後までわからないまま、いろいろな問いを投げかけてくる映画。
「自分の意思とは関係ないところで、命が理不尽に選別されてる」社会。「ここでは誰も真実を話さない」法廷。いろんな側面があってどこを触ってるか分からない真実から「見て見ぬふり」をさせる力みたいなのがあって、目の前にある無難な答えが真実だと落とし込ませる。

ラストでガラス越しに重盛と三隅の顔が重なり合うシーン、2人が実は似ているということを示すような場面だった。でも完全に重ならくて、重盛が最後にスッと離れる。
映画館で流れてた『先生!』の予告はあんなに可愛かったのに、こっちの広瀬すずは全然可愛くなくて、でもこの静かな暗さがよい…。

最初から最後までずっと静かな雰囲気で続いて行く感じで、そのせいかずっと考えさせるので疲れました。わたしはこういう社会の中で、こういう司法のルールの中で、生きているんだなぁ…としみじみ。正直わたしの頭では、一緒に見た友人の解釈を聞くまでタイトルの真意が分からなかったです。難しかった〜〜。