ゆっけ

三度目の殺人のゆっけのレビュー・感想・評価

三度目の殺人(2017年製作の映画)
4.0
一体、誰を誰が裁くことができるのか?

法廷心理ドラマということですが、
かなり社会派的なストーリーでした。
感覚的には『それでもボクはやってない』を観終わった後のようなモヤモヤ感。

「法廷」って、何のためにあるのか?
当たり前ですが、それぞれの立場で、目指す方向が違くて、
真実を明らかにする場ではないことは確か。

「利害を調整する場」だそうです。

それぞれが、自分たちの利益を追い求めるために、真実とは程遠い発言をする。一体、何が正しいのかなんて、裁いている側の裁判長も、陪審員も分からず、

自分は、最後のあの展開は良かったと思っています。
果たして「三度目の殺人」とは?
そこら辺はネタバレになるので、ネタバレ設定にてコメント欄で追記します。

役所広司のあの表情怖すぎです。いい人なのか、悪い人なのか。とにかく表情を見てぞっとします。そして、広瀬すずは『怒り』もそうでしたが、こんなに難しい役をこなしてしまう、、すごい。

十字架を背負わされたものたちの物語。

「殺人」という決して、分かりやすさでは語れない、様々な影響で生まれる事を誠実に描いた作品だと思いました。