yujin

三度目の殺人のyujinのレビュー・感想・評価

三度目の殺人(2017年製作の映画)
4.3
「そして父になる。」「海街diary」の
是枝裕和監督作品。
勝敗に徹底的にこだわる弁護士の重盛(福山)。彼が担当することになったのは、
三隅(役所)という殺人の前科がある男。
会う度に次々と供述内容が変わる三隅。
事件の真相は全く見えないまま裁判を迎えようとしていた。
一人の女の子と出会うまでは。

日常を丁寧に描き、まるで本当に存在する人物のようにリアリティを演出をする是枝裕和監督。
海街diary同様、テーマや雰囲気は変わっても是枝映画である事は変わっていない。
私達は重盛自身を知り、その気持ちに近い形で三隅という人物を追っていく。

「この場所では誰も本当の事を言わない」
このセリフこそがこの映画の本質を表している気がします。
誰が本当なのか。何が正しいのか。
人が人を裁くという事に正面から疑問を投げ掛ける台詞。
重盛の心が徐々に揺れ動き、三隅の真実を追い求めて行く様になる姿が上手に描かれて行きます。

是枝裕和監督らしく、映画自体は
ゆっくりとした時間の中で明確な答えを示す形は取りません。
好き嫌いは分かれますが、
私は非常に楽しめました。