Hero

三度目の殺人のHeroのレビュー・感想・評価

三度目の殺人(2017年製作の映画)
3.6
人が人を殺し人が人に殺される人が作った法律に則り人が人を裁く、平和な時代は不信の時代、傲慢と侮蔑、不信や疑惑に塗れたこの世から真実を掴み取り白日のもとに晒す、断言するそんなことは100%不可能である。弁護士、検察、裁判官、立場の違う三者は司法の船に同乗し互いの立場を忖度しながら=ではなく≒を求める旅に出る、そのわずかな隙間に嵌まり込み抜け出せなくなった冤罪を被せられた被告人という名の被害者。現行の司法制度に疑問を呈し人が人を裁くということの不可能性を訴える、そんな分かりきった事実を提示し答えのない問いを投げかけたところで何ら解決しないが、それでもこうやって定期的にボールを投げなきゃ腐りきった司法制度の前に死んでいった人々が報われない。疑問だけを投げかけ答えを提示しない、一見ずるいがこのモヤモヤを抱えていくことが重要なんだと思う。
三度目の殺人、それは償いと救済。

ラストの面会室のシーン、役所広司の背後から照明焚きまくって仕切りガラスに福山の顔面が反射する。両者が台詞を交わすごとにまるで真実と虚偽のせめぎ合いのように前後の位置関係が入れ替わりそれを長回す。いや鳥肌カット。