のどか

三度目の殺人ののどかのレビュー・感想・評価

三度目の殺人(2017年製作の映画)
3.3
殺人の前科がある三隅(役所広司)を弁護することになった重盛(福山雅治)。二転三転する供述の中で、果たして真実とは。人を裁くとは。

人間の意志とは無関係に命は選別される。
三度目の殺人の本当の意味。

話がマンネリで途中飽きてしまったから点数低めだけど、モヤモヤが残るラストが心に残る、是枝監督らしい映画でした。
役所広司はやっぱりすごい。