ワイカ

三度目の殺人のワイカのネタバレレビュー・内容・結末

三度目の殺人(2017年製作の映画)
3.4

このレビューはネタバレを含みます

役所広司の演技がすごい!人を殺したのに他人事みたいに話し続けるとことか、たまに見せるサイコっぽい感じとか、完璧に役に入りきってます。やはりこの人は現代日本映画界の至宝ですな。福山雅治が完全に霞んでます。広瀬すずは良かったけど。

しかし内容は何を言いたいのか、私には正直さっぱりわかりませんでした。司法の限界なのか、犯人の異常性なのか、真実についてなのか、是枝監督の好きな家族の話なのか…。いろいろ詰め込みすぎて、散漫になっちゃった印象。福山の娘のくだりとか、不要あるいは回収しきれてないエピも多いしね。

観客に解釈を委ねるにしても、もう少し訴えたいことを絞り込んで投げかけた方が良かったと思います。監督自身、伝えたいことを整理しきれないままメガフォンを握ったとしか思えない内容です。

司法ものだとすれば、基本的な部分で決定的にリアリティを欠いてるところがあります。通常、死刑判決の場合、裁判官は主文を後回しにすると思うんですが(最近は違うんでしょうか?)、それがなんの説明もなしに違っていた時点で、すっかり覚めちゃいました。裁判を少しでも知ってれば、誰でも分かることなのに。

「それでも僕はやっていない」の方が、よほど司法の問題点をわかりやすく描いてたと思います。

終盤に役所さんが突然供述を翻したシーンも、弁護士はせめて「じゃあ真犯人は誰なんですか」って聞こうよ。それと福山と吉田鋼太郎さんが司法修習で同期という設定は、年齢的にかなり無理がある気が。

悪くはないけど、すべてがどこか中途半端な作品。