三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

ハンニバル・レクターを思わせる役所広司の怪演に、それにどんどん影響受けていくことが演出でも明らかな福山雅治演じる弁護士。そしてタイトルの意味。
社会批判を内包しながら法廷心理サスペンスとして良作。


「三度目の殺人」は誰が誰を殺したのか?http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/09/12/123000
機内で鑑賞。きちんとした感じの造りで見応えもあるんですが、終わり方というか最後がどうにも納得いかず、時間返せ的な感想抱いてしまいました。。。
深い。世の中を描いた作品。
み

みの感想・評価

2.5
役所広司に、魅入る映画

内容としては答えが提示されずミステリーとして観るとスッキリしませんし、日本の裁判員制度を皮肉る内容も好みではありませんでした。

福山のキャラクターも
時間内ではイマイチ共感も反発もしきれずでしたが、
二転三転する役所広司が本当に
上手く撮られていて、
動かず語るだけのシーンでこれだけ魅せるか!と感動しました。

映像ならではの可能性があるんだなあと感じたりもしました。
dmtsu

dmtsuの感想・評価

3.0
アメリカ出張に向かう機内で②
正直良く分からなかった。
riri

ririの感想・評価

3.0
重い。ずしずしくる
Noriko

Norikoの感想・評価

-
1/14 機内
かほ

かほの感想・評価

1.2
🤷‍♀️
mutuzo

mutuzoの感想・評価

3.7
2018年 劇場鑑賞 15本目

昨年の封切り時に鑑賞済。北九州の名画座 昭和館で二度目の鑑賞。ウ〜ン、やはり私には難し過ぎる。

勝ちにこだわる弁護士 重盛は、殺人の前科がある三隅の弁護を引き受ける。三隅は、解雇された食品工場の社長を殺し「二度目の殺人」を犯していた。それでも重盛は死刑を回避しようと再調査を始めるが、三隅の供述は二転三転する。果たして真実の行方は?


今回が二度目ですが、昨年初見の時によく分からなかった部分(私は頭が悪いので飲み込みが遅くて…)が少しだけ解消されました。以下ネタバレ有りなの、未見の人は読まないで下さい。



















・結局、誰が社長を殺したのかは明確に示されていません。三隅の単独犯行か、社長の娘 咲江も共犯なのか?は分かりませんが、最終的には三隅が一人で裁かれる結果になります。スッキリしない終わり方です。
(雪の中に横たわる三隅と咲江の姿が十字架の形だったのは、二人が共犯であったことを示す暗示?)

・三隅が口にしていた「裁判官はいいですね。命の選別が出来て…」は、司法制度の中で合法的に人を殺す死刑制度への批判ですね。そして三隅自身も その制度の中で殺されてしまうんです。

・最後の拘置所での面会のシーンですが、ガラスに重盛と三隅の顔が重なって映るのですが、あれは二人の本音の対話がこの後始まることの暗示でしょうか。重盛の「あなたは(感情のない空っぽの)ただの器…」の台詞が心に残りました。このシーンは本当に秀逸だと思いました。

他にも、モヤモヤする部分はまだありますが、DVDが出たら確認したいと思いました。
キャストの芝居に見入ってしまうが、モヤモヤする映画。邦画っぽいっちゃ邦画っぽいが、ミステリーのラストははっきりしてほしいかも。

あとカメラアングルとかちょっと狙いすぎてないかって感じた。
>|