三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

ハンニバル・レクターを思わせる役所広司の怪演に、それにどんどん影響受けていくことが演出でも明らかな福山雅治演じる弁護士。そしてタイトルの意味。
社会批判を内包しながら法廷心理サスペンスとして良作。


「三度目の殺人」は誰が誰を殺したのか?http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/09/12/123000
事実をハッキリさせるんじゃなくて、映像で想像させる感じが好き。
福之助

福之助の感想・評価

3.4
リアルな映画だな〜〜
法廷、ちょっと経験があります…(犯罪者とかじゃないよ)
実際、時間や期日に追われて言いたい事の何パーセントも発言出来ません。
裁判官や弁護士でさえ早期解決を目指しています。(実際これが勝ちの法則。真実を追求する余り時間とお金を無駄にするので)
モヤモヤするんです。当事者でさえ真実を見失うんですから。(弁護士が作った書類を見ると、どエライ事になってる!)
その経験が無ければもっとスコア低いのかな?
ぽん

ぽんの感想・評価

3.0
.
2018🎬12
三度目の殺人
.
「罪と向き合うってどういうことですか?」
「真実から目を背けないってことじゃないですか?」
.
.
ん〜もやもや。とても、もやもや。「99.9」とか「正義のセ」で、事実は1つっていう正義感に溢れたものに慣れていたから、重盛(福山雅治)が依頼人にメリットのあるものを優先するだとか、法廷戦術的に有利不利だとか、そういう話を淡々とされた時に、すごくリアルで違和感を感じた。普通は、事実が1つあって、それに向かって二転三転して最後には事実これでした〜っ!てのが定番だけど、実際現実だとその事実ってのも何か分からなくて。司法の人たちは、事実がなんなのか手探りで仕事をしているのかと思うと、このもやもやした気持ちがほんとのリアルなのかと、そう思いました。
結局、あまり意味が分からず、ネットのネタバレ解説を読んだけど、それでも「あっ、ふ〜ん」ぐらいだったので、なんともいえんかっただ。
個人的に、三隅(役所広司)が鳥を逃した時の再現した時の目線の持っていき方がうますぎて見惚れた。あと、斉藤由貴もああいう理不尽な役うまいよなあ。そして、吉田鋼太郎は今「おっさんずラブ」に出ているおかげで、全部可愛く見えてしまった。末期。
まなか

まなかの感想・評価

3.0
勝ちにこだわって本当のことを言わなかったり言わせなかったり意地とかメンツがバックに着くと人は少しの犠牲が出ても嘘つきになることが許されてる気がする
冷たいけど温かい思い出がそのまま温かいままでいてくれると私は嬉しい
ごはん


小麦粉

このレビューはネタバレを含みます

いくつかの要素によって福山雅治が役所広司にだんだん寄ってゆき最後にはガラス上で重なり合う。是枝監督のカメラワークは落ち着いていながら飽きさせないのでとても好きだ。とくに本作は映像だけで語られることが多い。すべての真実をはっきりさせることは難しいが、罪の象徴たる十字架のイメージが、雪の上で寝る役所と広瀬、さらには最後の十字路に繋がることを考えるとある程度は推測できよう。
AkiTagaki

AkiTagakiの感想・評価

3.2
人の気持ちなんて、ぽろぽろ取りこぼしますし。
>|