三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

ハンニバル・レクターを思わせる役所広司の怪演に、それにどんどん影響受けていくことが演出でも明らかな福山雅治演じる弁護士。そしてタイトルの意味。
社会批判を内包しながら法廷心理サスペンスとして良作。


「三度目の殺人」は誰が誰を殺したのか?http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/09/12/123000
もやもやし過ぎてイライラする
こういう伏線とかこういう意図があるんだろうなあって分かるけど白黒はっきりつけてほしい
LONESTAR

LONESTARの感想・評価

4.2
昨今は原作物の映画化(特に漫画!!)が多い中原案から監督御自身というのは非常にうれしい限り。もっとこういった作品が作られてもいいのではないだろうかとも思う。
今作は観ていて事件の真相が分からずモヤモヤした人は多いと思う(自分もその1人)が今作の伝えたかった事は事件の真相よりも人が人を裁く難しさではないかと私は思う。
立場は違えどみんな1人の人間であり殺人という裁き方もあれば罪を犯したものに対して司法という名の下に人を裁いていくものもいる。
真相に近づけば近付く程それを邪魔する真実から目を背けようとするもの達が現れる。そういった人達の葛藤と苦悩を炙り出した作品ではないかと私は勝手に解釈している。

今作の軸は殺人犯と弁護士の面会室のやり取りが軸となっており「凶悪」と重なる部分もあったが事件はもっと複雑であり様々な要素が絡み合ってくるのが良かったけど中盤はやや単調であるのと(しょうがない気もするが)ありがちな性的暴力の表現がいらなかった気もする。テーマである「殺人」という圧倒的な悪の中に今作ではそういった要素は闇の中に埋もれさせておくべきだったのではないかと思う。
しかし永遠のちい兄ちゃん福山雅治さんと当代きっての映画俳優役所広司の演技には迫力もあり他のキャストの方も素晴らしかったと思う。斉藤由貴さんにもいろんな意味でびっくり(笑)
ぜひ劇場で集中して観てもらいたい作品です。
Qbrick

Qbrickの感想・評価

4.0
役所広司
SakiHibino

SakiHibinoの感想・評価

3.0
結局真実はどうだったの?ってなった。
最後までもやもや〜〜
ゆ

ゆの感想・評価

3.4
あまりピンと来なかったけど
広瀬すずがかわいい
nina

ninaの感想・評価

-
寝た。
>|