三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

ハンニバル・レクターを思わせる役所広司の怪演に、それにどんどん影響受けていくことが演出でも明らかな福山雅治演じる弁護士。そしてタイトルの意味。
社会批判を内包しながら法廷心理サスペンスとして良作。


「三度目の殺人」は誰が誰を殺したのか?http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2017/09/12/123000
skmtykk

skmtykkの感想・評価

4.5
リアル
バニラ

バニラの感想・評価

2.5
思っていた通りのストーリー展開でちょっと残念。
もっとヒネリが欲しかった。
とりあえず記録。考えがなかなかまとまらない…
Taul

Taulの感想・評価

4.0
『三度目の殺人』是枝監督の自身と観客への挑戦か。いよいよ分かりやすさを排除した作劇と豪華役者陣の演技合戦に、一瞬一音たりとも取り逃がしてはいけない没入感を楽しむ。映画の持つ品と余韻が凄まじい。そしてタイトルの意味を考える...

『三度目の殺人』ネットや雑誌でメイキングやインタビューを見る。やはり是枝監督だ、実際の弁護士らで模擬接見や模擬裁判を繰り返し行いリサーチしたとのこと。そういった映画づくりは画面や台詞の隅々にも滲み出るんだよなあ。法廷シーンはセットも良かったし正直もっと見たかった気もした。

『三度目の殺人』2回目鑑賞。ノベライズを読み臨むが本でも福山雅治の役しか内面は描かれていない。それ以外の人物はいったいどんな思いだったのか。想像と役者の演技に感情移入し涙ぐむも、やはり本心は藪の中の不気味さが。不思議な映画だ。そして答えのない世界で人がすべきことについて考える。
kumipe

kumipeの感想・評価

3.3
新宿ピカデリーで鑑賞
ゆみ

ゆみの感想・評価

3.0
いまいちわかりにくい映画。
一回見ただけで作者の言いたいことがすべて理解できる人はそうそういないと思う。

福山雅治さんが、結局後半にいくにつれて、いつもの福山さんになってた。役から遠ざかっていく感じ。

しっかり理解するためにまた見たいと思いたいところだったが、、、だるいシーンが多いため、もう見ないだろう。
floal

floalの感想・評価

4.5
今更ながら、今年は色々あって全然見られなかったのだが、その乏しい鑑賞作品の中でもここまで個人的にはベストです。
接見シーンでの緊張感ある演出がとても好きだった。顔の重なりや二人の間のガラス板を使って二人の接近を表現していく工夫が、ベタかもしれないが良い。役所広司はもちろんだが、福山も広瀬も期待していたよりずっと好演だった。前半が少しだれたのが残念ですがもう一度見たいくらいです。
あきじ

あきじの感想・評価

3.8
最終的に明らかになる真実がほぼないという異色の法廷劇

たぶんもう一、二回は観ないと理解しきれない気がする
7se

7seの感想・評価

3.5
『三度目の殺人』

お気に入り度:★★★☆(3.5/5.0)
鑑賞方法   :劇場鑑賞

http://xxxchumsxxx.blog.fc2.com/blog-entry-92.html
>|