三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

nnm

nnmの感想・評価

3.6
申し分ないキャストだった。
ストーリーはさくさく進んでいき、見やすかったと思う。

最後の言葉が印象的で、なるほどと思う部分もあったが、一度観ただけではもやっとしたので、もう一度観たい。
asako

asakoの感想・評価

3.0
裁判ものは真実が明らかになったら完結、ていうのは固定観念なのかも。
ただもうちょっとスッキリしたかった。3時間近く見てきてこの最後、、
俳優陣の演技が無ければ見てられなかったかも。
セリフと演技に頼り過ぎな上に、画の切り撮り方もテレビドラマ的で、肝心の問題提起も最近では決して珍しくない上に、焦点を絞り切れずに回収出来ていないのも残念。是枝監督の新境地には間違いないんだろうけど、やはり丁寧に積み重ねた映画を観たい。
ま

まの感想・評価

3.5
難しかった。とても。
でも、あの三人にしか分からない何かがあるんだなと思った。

本編と関係ないけど、核心をつくことを重要度の低い人物に言わせるの、是枝監督は凄いなという感じだった。

このレビューはネタバレを含みます

容疑者Xの献身、て感想すごい分かる。
これってオチはっきりさせないのか〜!意味分からなすぎてネタバレ見ました。
色々解釈があるんだろうけれど、

○犯人は三隅
(咲江が赤本を見るなど将来を見据え、動揺の素振りが少ない。さすがに単独、または加担でも殺しに携わっていたらそんな落ち着いた態度はあの年齢で難しいのでは)
○咲江と三隅は肉体関係があった
(重盛との会話で。「いつからそんな関係に?場所は?回数は?」といった応答はそーいうことだよなぁ…と)
てのが個人的に納得したものでした。

あと監督の発言?インタビューとかのやり取りから、三隅が犯人と監督は想定している素振りもあるみたいですね。
(作品のみで解釈したい、自分はこう思った、てのは本当各々の自由だし間違い、てのは無いと思ってます。)

十字架とかカナリアの暗喩とか全然分かんなかった笑!気付いた人すごいですね…!

いや〜三隅と咲江に肉体関係要る!?てちょっと思ってしまいましたね…私がまだ青すぎるだけなのか…?

弁護士とか検事とか、頭の良さだけじゃなくしんどさや苦しさ凄いんだろうなぁ…と思いました。人が人を裁く、て難しいねぇ。

このレビューはネタバレを含みます

「人は人を裁けるのか」のテーマに対しての監督の答えはNOなんだろうな、だから三度目の殺人は死刑ってことなんでしょ?
と勝手に解釈。

役所広司さんてすごいな。
役所広司の怪演。
その一言。

ラストの観る人に委ねるのも
この作品には良きスパイスか。

監督の作品の練り方に感服
是枝裕和版「容疑者Xの献身」って感じ
Sayaka

Sayakaの感想・評価

2.0
予告編動画を見て、キャストが豪華だな~くらいの気持ちでamazonで観ました。広瀬すずは相変わらず若くて幼くてかわいかった。福山雅治はいい感じに枯れたおじさんと美青年の両方を魅せてくれて全体的に眼福な作品でした。私が何か大きな伏線かテーマかを見落としているのかもしれないけど、結局なにが三度目の殺人なのか、わからなかった。。司法系の話は最後ちょっとモヤっとしたところで話が終わる感じがする。
>|