三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

misuzu

misuzuの感想・評価

3.2
咲江の足についてのエピソードが今も印象に残っている。
足を少し引きずって歩くのは生まれつきのはずだが、咲江は家(工場)の屋根から飛び降りたからだと言う。
真実は前者だろう。
でも、咲江にとっての真実は後者なのだ。

何が真実で何が嘘なのか。
その答えを知ることに意味はあるのか。
この映画のことを思い出す度、そのことを考えずにはいられない。
Sai

Saiの感想・評価

3.3
淡々としたストーリー展開で最後まで真相は語られない。役所浩司の演技がなんとも言えず良い。
上海亭 WOWOW
「法律ってなんか不思議だねー」
って観ながら思ってたら、ほんとにその台詞がそのまま出てきてびっくりしました。
良いモヤモヤが残る、素晴らしい作品だったと思います。

作中では、「人を殺せる人間」と「人を殺せない人間」の間には深い溝がある、っていうような台詞が出てきたり、性善説・性悪説的な話も表面上出てくるのですが、

おそらく深層的な意味では、両者に違いはなくスイッチみたいなものがあるだけだと伝えてるような気がしてなりませんでした。

特に何を信じるかでスイッチのオンオフが切り替わるのかと。
スケールが大きいところだと宗教になるのでしょうし、
もっと身近な例だと、昼間か夜間かでクモを殺してもいいかダメかといったところでしょうか。

とにかく画面はひたすらそのスケールの間で、複雑でかつ不明瞭な人の感情を映しながら、
さあ人の生死はどこで決定付けられるのでしょう?
というタチの悪い難問を問いかけてきていたので、ものすごく疲れる作品でした。

これは良い意味で悪問ですな。
何が正しいのかわからない。みんな演技力すごい。俺は救いのある終わりと信じたい。是枝さんの作品はじめて見たけど想像通りだった、他も見てみたいな。
nnn

nnnの感想・評価

4.1
役所広司の演技力に凄く引き込まれました。
「人間は最初から生きるか死ぬのか選べない」って言葉が何度か出てくるけど、この言葉に日本の司法、死刑制度の問題点が投げかけられているような気がしました。

終盤の役所広司と広瀬すずの直接的ではないやりとりの中で、少なくともどんな人間にも生きる意味があると思わされました。

じっくり見ていくと、何かしら人生のヒントが隠されている是枝監督の映画は素敵だと思います。
難しい。モヤモヤする。法廷では誰も真実を争わないという司法の矛盾に気付かされ、だから三度目の殺人が起きるんだな…と。二度目の殺人が何を指すかの解釈も意外と分かれそう。
UAkiko

UAkikoの感想・評価

2.0
本は面白かったのかもしれない。
みっき

みっきの感想・評価

3.7
初めて映画館で見た時は全く面白くなくてなんじゃこれ?って感じだったんですけど、
最近(2018.7)もう一度見る機会があって見てみると、まあまあ面白かった。

真相は結局明示されないまま終わってしまいましたね。3度目、というのは最後は自分自身の死を表しているのでしょうか?

福山雅治演じる弁護士は、勝つためなら事実も曲げる、99.9の松潤とは正反対な弁護士でした。
それが彼(役所広司)に出会って少し変わっていく。

何回も描かれる面談室?みたいなシーンも、撮り方が工夫されてて面白かったです。
>|