三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

misuzu

misuzuの感想・評価

3.2
咲江の足についてのエピソードが今も印象に残っている。
足を少し引きずって歩くのは生まれつきのはずだが、咲江は家(工場)の屋根から飛び降りたからだと言う。
真実は前者だろう。
でも、咲江にとっての真実は後者なのだ。

何が真実で何が嘘なのか。
その答えを知ることに意味はあるのか。
この映画のことを思い出す度、そのことを考えずにはいられない。
Eri

Eriの感想・評価

3.5
モヤモヤ
役所広司の迫真の演技
なや

なやの感想・評価

4.0
振り回されてるようで、操られてる、あの感じ。
考えさせるという目的でこういう作品になったんだろうけど、深く考えるほどでもないからただ単にモヤモヤしたまま終わった映画…
Honami

Honamiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます


是枝監督自身も明確な結末を決めてないと
(あくまで関係者から)聞いて、ああ観た人それぞれの考えに託しますよってことね…。真実なんて誰にもわからないのね…。と口惜しくなった。

というのも自分なりに答えを出すのが苦手で、意図された解釈をしないとスッキリしない私なので、この映画とは相性が悪かったのかもしれない。

それでも役所広司さんの怪演は見事で、惹き付けられるものがあった。
また時間があれば小説を読んで、もう一度、映画を鑑賞しようと思う。
ueyoshi

ueyoshiの感想・評価

3.8
真実とは。
皆自分が思いたいように考え、それを真実と思い込む。誰にもわからない真実を人は裁くことができるのか。この終わった後のモヤモヤがまさにこの映画を表している。

ずっと対面していた、主人公と容疑者の顔をミラーで合わさり、主人公の共感が離れていくシーンの表現はとても驚いた。

また今まで見たことの無い「怖い」役所広司は本当に印象に残る。賞レース総なめもんだ。
役所さんて、本当にすごいんだなあとゆう、
考えさせられた
パッとしないモヤモヤがすごい。
役所、福山の芝居対決に唸る!
>|