三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

Hiro

Hiroの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

接見の度に証言を覆す役所広司がキム・ユンソクばりに怪演
・ 保険金殺人を疑われた奥さんは、食品偽装の隠蔽どころではないでしょう
・ 篠原検事は上官から何と言われて裁判を続行する気になったのでしょう
  裁判官の有罪の目配せ!?
・ 三隅の墓標の十字の意味は
タイトル「三度目の殺人」は死刑求刑の意味か
ちょっと難しかった。
ぱん

ぱんの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます


3度目は自分自身かな?と思う。

ただ、何が怖いって弁護士や検事が裏で手合わせして真実が真実とされないこと。
モモ子

モモ子の感想・評価

3.0
んんーちょっと難しいな。
だんだん明らかになっていく感じだと思ったら、最後までよく分からなくてすっきりしないムズムズした感じ。
三隅が何を考えているのか、理解しづらい。演じるの難しかっただろうなあ。

裁判って勝ち負けとか弁護士検事裁判官の名を汚すとかそういうくだらないことが中心となって行われているものなのかと思うともどかしい気持ちになってしまいました。
言いたいことも言わせてもらえない、言っても信じてもらえない…何なんだって感じですね。

手の描写が多くて、重盛の右手が画面に映る度に見入ってしまった。ここに、どんな感情があるんだろうって。

"器"ってなんだろう
三度目の殺人って、自分のことだったんですね。
shuheeeey

shuheeeeyの感想・評価

3.5
CUREを観てから本作を観たため、役所広司がより不気味に感じられた
R

Rの感想・評価

2.5
記録用
ようやく鑑賞。真実とは…。裁判とは…。人によって見方は変わり、見え方も違ってくる。人間なんて都合の良い生き物。人が人を裁くなんてどだい無理なのかもしれない、さすがの役所広司さんの怪演っぷりでした。‬
「あなたは...ただの器?」

深く考えさせられる。
裁くのは、誰か?
裁くのは、誰のためか?
本当の事件の被害者は、もしかしたら殺された側じゃないかもしれない。

一度ではなく二度観たい。三隅目線で再度、たどりたい物語。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.8
本作が扱っているテーマは、家族の話であったり、性的暴行であったり、いろいろあると思うのですが、一番印象に残るのが司法制度の問題点への糾弾です。「訴訟経済」なんて言葉は初めて聞いたのですが、新しい証言・証拠が出てきても、裁判官や裁判員のスケジュールが優先して、あうんの呼吸で訴訟維持という結論を出してしまう。司法の闇というか、こういう新たな法廷サスペンスをオリジナル脚本として書き下ろしてしまう是枝監督はすごいなと。

でも、本作は社会派映画という格好はとらず、あくまで人間の心の不可解さを描いた映画といえます。証言を覆しては法廷を混乱させる被告(役所広司)。心が空虚な人間の底知れなさがなんとも恐ろしいのです。彼の本心は最後まで見えないのですが、そのかわりに彼の心を推し量った弁護士(福山雅治)の推理はこの映画の救いになって良かったと思います。もしそれが真実であるとすれば、彼の行動の裏には性犯罪の告発という大きな課題が横たわっていて、結局この映画はどこまでも行っても社会派映画なのではないかなと。
なんとも言い難いモヤモヤ感。

お前も信じないだろ?って言われているようでヒリヒリしました。
たぶん信じられないです。
>|