三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

Fuzzzzy

Fuzzzzyの感想・評価

3.7
役所広司と広瀬すずの怪演でした。
光の感じも、解釈を観客に委ねる感じ
結構好きでした!
M2

M2の感想・評価

3.3
2度目の殺人を犯し犯行も認めて死刑ほぼ確定な男をやむなく弁護する事になったやり手弁護士が、被告人の二転三転する発言に悩まされてやがて…という話だが、ミステリーではなく、色々な問題を考えさせられる。人間の価値とか、人が人を裁くとか、死刑とは?3度目の殺人の隠されたテーマは、観た人がそれぞれ感じる映画だが、こういう映画は苦手だな。
司法経済という考え方を始めて知った、当事者からしたらありえないかもしれないが、こうしないとまわらないだろう。結局どこにも幸不幸はついて回る。
話それるがディアボロスと言う、キアヌ主演の映画を思い出す。キアヌは100%勝たせる弁護士、それは本来罪を犯した者も無罪にしているという事。オススメである。
最後にこの映画、役者のアップが多用されてるが、広瀬すずのアップにはこの問題に静かに風穴をあける鋭さがあった。
一転、福山雅治の観客に感情移入役割があったのかもしれないが、飜弄されすぎてやり手では無かったのか?とツッコミを入れたくなる。
18-53
デュオ

デュオの感想・評価

3.0
スッキリしない。
罪と向き合うとは?罪とは?真実とは?真実を追う意味とは?産まれた意味とは?
強盗殺人でまたも殺人を犯したと主張する主人公、でも、それって真実?父親からのレイプに苦しみ、家族の見て見ぬ振りに苦しむ女の子を庇うため?母親は父親のレイプも、会社の食品偽装も見て見ぬ振り。でも法の下では裁かれない。
実は情状酌量の結果再度殺人が起きてしまうという重いテーマだけど、弁護士事務所の皆の会話のトーンが良かった。淡々と。あんな事務所でアシスタントとかやりたいな〜って。
是枝、こんなにもシネスコの使い方が上手かったとは。役所の横顔クロースアップ、目を大きく見開くショットにゾクゾクした。
これからはコッチの路線で作り続けてほしいなー。
禊

禊の感想・評価

3.5
自分の解釈が合ってるか自信ないけど、なんとなく自分の答えは持てた。

役所広司の演技にこっちまで翻弄されとても難解な作品。
福山雅治が台本を三度読んでやっと理解したと言うだけは合ったと思う。
ぶっちゃけam3時から観始めたことも難解に感じた大きな要因だと思うけど(笑)
広瀬すずが良かったです。感情を抑えた演技がわざとらしくなく、後半の”告白”も、いやらしさが無くてストンと入ってきました。

福山雅治も割と役と映像に合っていたと思います。

役所広司は、ちょっと役のイメージと違った感じでした。役所さんの三隅は、勤務先で社長から嫌な扱いを受けてしまうような人に見えないというか、社長よりできる人物のような印象を受けました。空っぽの器というよりも、割と魅力のある人間に思えてしまいました。役所さん自身のもつ魅力が滲み出てしまったのかな。

映像はクリーンで綺麗でした。
>|