三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

Fuzzzzy

Fuzzzzyの感想・評価

3.7
役所広司と広瀬すずの怪演でした。
光の感じも、解釈を観客に委ねる感じ
結構好きでした!
最後はモヤモヤが残ったが
結果 自分自身が
どう思いどう感じるかという
問題の映画だったのでは
ないかと思う^^
しかし役所広司の演技は
やはり凄い!
あの表情と一つ一つの動作。
さすが
立花皇

立花皇の感想・評価

2.0
つまらん。

このレビューはネタバレを含みます

結局、本当の事は分かんない。

嘘でさえも本当になるし、
真実も信じてもらえなければ嘘になる。



☆こっから先、私の乱暴な推理です☆

父親でさえ騙された娘の嘘泣きシーン。
私これがすごく意味深に思えちゃって。。

私は犯人はメインはすずちゃんだと思うんです。
ちなみに役所さんもその場にいた。

殺したい程の父親だったと思うし、
殺したあとだって普通に生活送れる程の度胸はあったと思うんです。

だけど当然、自分が殺したと役所さんが名乗る訳でして。
だって自分の娘と重ねちゃってるからね。

本当は自分はやってない。
でも協力はした。
すずちゃんを思うとどうしても庇いたい。
死んで当然の男だった。。。

などなどなど、葛藤があるんです。
ですから話が二転三転しちゃう訳ですよ。

後半、自分を信じてくれているか?
と強くこだわっていた役所さんを思い出すと、察してくれ!助けてくれ!って本当は必死だったんじゃないかなぁー

犯人じゃないのに死刑判決が出た事で役所さんが死んじゃう!
これが第三の殺人の意味ですよね⁈

ネタバレでもなんでもないんだけど、この推理が当たってたらヤバイと思い、押しときます☆

では、失礼しまーす☆
あお

あおの感想・評価

3.6
裁くということ。人の生き死に。真実。仕事だからと割り切れる気がしない。
yeezus

yeezusの感想・評価

-
モヤモヤさまぁ〜ず。
寝たわ笑笑
思ったほど長く感じませんでした。
思ったほど面白くもなかった。
私には少し難しく感じた。よく終始飽きずに観ることできたなと誉めてあげたいくらい。
何を書けばいいか分からない。
何か書こうとすると言葉の壁にぶち当たりそうで、そこでまた色々考えてしまうかも知れないから書けない。
パッケージ、白がメインだし、もっと雪の中でのサスペンスかと思っていたけど違った。
>|