三度目の殺人の作品情報・感想・評価

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

SABO

SABOの感想・評価

3.0
有名な役者ではないバージョンで
物語に集中してみてみたい
少し気が散って、フワッとみてしまい、よくわからなかった
茂茂

茂茂の感想・評価

4.0
是枝監督の作品は、なんとも言えないゆったりとした空気感があって、観る人を惹きつけますね、この映画の面白いのは、裁判って忖度だらけで裁かれていく様を描いて
片方では、ロボットみたいな弁護士がだんだんと人間になっていく、、キャスティングは、文句無しですね、特に役所広司さんと、斉藤由貴さんが良かった。
K3IJ1

K3IJ1の感想・評価

1.7
あんまりやで
kyoko

kyokoの感想・評価

3.5
安定に面白い映画やった!
NaitoMami

NaitoMamiの感想・評価

3.8
意欲作だと思う。
芥川龍之介の『藪の中』。

真実は、それを語る人、それをさらに曲解する人たちによって、どんどんその全容をくらませてしまう。
そこに、裁判制度の問題や死刑の是非を織り込みながら観る者を惹きこんでいく。

…のだけど、私はラストに不満が残った。
芥川龍之介の『藪の中』は、作品中の象のたとえのように「語る人によって変わる可能性がある」ということを描いているから、ああいう感じで成り立つけど

この映画では「裁くのは誰?」という問いを投げかけている以上、真相は明らかに示されるべきだと思った。

それにしても、『CURE』を彷彿とさせる役所広司の怪演が素晴らしすぎて震える。
MEW

MEWの感想・評価

3.2
淡々とし過ぎて、そして読解力がないと何がなんやらと思うようなそんな作品。俺は分からずすぐネット検索したよ笑

役所広司凄いね。本当に演技が上手い俳優さん。他の俳優さんも脇を固めてたけどずば抜けてたかな。そして、斉藤由貴のだらしない感じはいい。その妖艶さよリアルでも納得。

福山はリアルスティックで冷たい…要は真実よりも法廷戦術に長けた役柄なのに、だんだん「らしくない」感じに影響されて行く過程は見応えがあった。

3度目の殺人…これの意味がわかった時、震える。真実とは…。
悠

悠の感想・評価

2.4
アクリル板ひとつ隔てて、役所広司と福山雅治が白熱するシーンが良かった
広瀬すずはやっぱり恋愛映画とかよりもこういうサスペンス的な系統の映画に出た方が輝いてる。

ただの罪人の罪を裁いただけのような気がした。確かにその背景に色々な真実や心情の描写があったが、実際に現実でもそれはあるだろうし、衝撃!のようなものは無かった。逆にこの感じが良かったのかも知れないが少し物足りなく感じた。
taro

taroの感想・評価

-
2018/8/15
dieさん

dieさんの感想・評価

3.5
ストーリーは序盤でなんとなく予想がついた。
もやもやし過ぎてて…考えてる間に終わってしまった感じ。
なんか中途半端な、薄っすらとした映画。
>|